<   2014年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

私が一番伝えたい事


お家の環境を整える事から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、
宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleil 講座内容はこちら→


私は、自分が娘を育てるにあたって、
いわゆる子育て本のたぐいは大嫌いでした。

ちょっと読んだだけで毛嫌いしていたので、
かなりの誤解や偏見もあると思いますが、

そこには大抵、子育てなんちゃらという人によって、

子どもにちゃんと大好きって言ってあげましょう。とか
スキンシップが大事、しっかり抱きしめてあげましょう。


などと書かれていて、それを読む度に

「わかっちゃいるけど、それがなかなかできんのじゃい!!」と思っていました。

それに正直、読めば読むほど、それが出来ない私ってヒドイ母親なんかなあ。
と思えてきて、なんだかしんどくなりました。

私は子どもが元々好きじゃなくて、
お相撲さんのような面構えの赤ちゃんを見て、
よく女子が「かわいい~」って、かん高い声を出すのを見ながら

「嘘やろ?どっからみてもブサイクやん」って、

自分の子どもが生まれるまで、ずっと思ってきました。
e0305098_13210545.jpg
でも、自分の子どもは可愛かった。
可愛いというより、
私は自分が小さい頃から一人の人間として扱われてきたので、
娘も生まれた瞬間から私にとっては「尊重されるべき人間」でした。

娘は、歩くようになるまでは、どこに行くのにも、
ベビーカーよりスリングに入っている事が多くて、
わざわざ意識して抱っこしてあげる事もない程、
私にひっついていました。

私は小さい頃から動物を飼っていたので、
モノ言わぬ赤ちゃんは結構得意だったし、
遊ぶ事も比較的ラクちんでした。

でも一歳半位に娘が歩くようになり、
自分の意志が出てくると、
元々子どもが苦手だった私は、娘とどうやって遊んでいいのかわからなくて、
わが子を前に途方に暮れました

それにおっとりしてマイペースな娘に関して、
周りからもよくヤイヤイ言われました。

・歩くのが遅いからどこか身体がおかしい
・言葉が遅いからどっかに連れていけ
・人見知りが激しすぎて神経質だから専門家の所に行った方がいい。とか。

あんまり言われるので、自分でもそうかな~と思ったり、
ママ友の心無い言葉に傷ついて、ボロボロに泣いた事も。
e0305098_13212033.jpg
でも、私は自分が子どもの頃、
それは当時、全く理解不能な、変な愛情の形だったけれども、
自分の個性を、親や周りの大人に、すごく認めて育ててもらったので、
本能的にそれを「おかしい」とは思わなかった

それは決して事実から目を反らして、否定しているのではない。
という感覚もなんとなく自分の中にありました。

人間には個性とか特質とか、成長の違いとかいうものがあって、
それは、こんなに小さい子どもでも尊重されるべきなんだろう、、。


そんな事を思いながら、不器用な母ながらに、なんとか娘に
そのまま成長しても大丈夫だよ」って表現してあげたくて、
そのために、多方面から、

子どものありのままを認めてあげられる、体系的な方法論を追い求めたのです。

なにせ、アンチ精神論とアンチ説教おばさんだったので、
とにかく、小難しい人が書いた小難しい学説やら、学術的な専門書を読み漁って、
そこから何かヒントがないものか、と日々勉強しました。

そしたら、そこには、私が苦手な、

子どもにちゃんと大好きって言ってあげましょう。とか、
スキンシップが大事、しっかり抱きしめてあげましょう。

とか以外の子どもに好きって言ってあげられる方法がありました。
e0305098_13232420.jpg
私が一番伝えたいと思っていること。それは、

子どもも親もありのままの自分を認められなきや、結局は幸せになれない。

だから、

子どものありのままを認めて、
親も自分も認めて、幸せになろう!!

という事。

子どもには生まれた時から、そのすべてを大事にされる権利があるし、
母親であるママも同じ位大切にされる権利がある。
人には色んな個性や特性があって、
それぞれが尊重されなきゃ、結局の所、お互いに幸せになれないと思います。

親子関係と家庭を原点に、子どもは社会に出ていきます。
そのために、親は常に勉強して、
自分を大切にし、人も大切にするその方法を、
大人の役割として、ちゃんと子どもに伝えていかなきゃいけないと思う。

でも、その伝え方は単に
抱っこするとか、好きだよって言葉で言ってあげる事だけじゃないと、私は思います。

そりゃあ、それがしてあげられたら、どんなにラクだったか。

でも、当時、どうしても出来ない自分がいたんです。
それがその時点では、まだなぜか分からなかった。

それなら、その時の私は、私なりの方法で、
子どもに「あなたの事が大好きで大切!」って伝えてあげるしかなかったのです。

それが私の場合、

娘と遊び込む事と、

家族みんなが心地いいと思える家庭環境を整える事でした。
e0305098_13222643.jpg
それをする過程で、その二つそれぞれに、
体系的なスキルと方法論様々なアイデアがある事を知り、

またその途中で、スターペアレンティングと出会って、
好きって直接言ったり、抱っこする以外にも、
子どもも自分もありのままを認めてあげられる、
色んな形の親子のコミュニケーションの方法がある事を知ったのです。


子どももママも、ありのままの自分を大切に。
そして、母の愛の形には、人それぞれの、いろんな方法があっていいんだよ。

それが、私が自分のあらゆる活動を通して
一番みなさんに伝えていきたい
と思っている事です。

それを見失わず、それを伝えるために、
私は、これからも前に進んで行きたいと思っています。

どうぞこれからも、こんな私ですが、よろしくお願い致します。

ぽっちっとが励みになります。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村


お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。
その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?
一度学んだスキルは一生役に立ちます。


Maison du Soleilの講座

※お母さんのためのお片づけ講座

※お母さんのための時間管理講座

※子どもの家庭における環境保育+子どものお片づけ講座
 (新一年生準備バージョン)
  

このバージョンでは、小学校入学に向けて、
どのように子どもの環境を整えていくか、
子どもが自立してお片づけをしたり、自らご用意をするようになるには
どうしたらいいか・・
その方法を中心にお伝えしています。

学習机購入などをご検討の方も、是非受講してみて下さい。



今後、乳幼児バージョンを予定しております。しばらくお待ちください。


それぞれの詳しい講座内容はこちら→


お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

[PR]
by maisondesoleil | 2014-09-30 13:36 |  ├つぶやき

時間オーガナイズお話会 子育てサークル様 ご感想

こんにちは!

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、
宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleil 講座内容はこちら→


2週間程前なのですが、宝塚の子育てサークル
プチふぁみクラブさんに呼んで頂き
「子育てママのための時間オーガナイズ」のお話会を行いました。

とっても素敵な会場。

宝塚南口の「望月ハウス」という自治会館なのですが、
持ち主様が個人の邸宅を自治会に寄贈されたそうで、
映画「阪急電車」で宮本信子さんが演じる、
芦田愛菜ちゃんのおばあちゃんのお宅のロケ地でもあります。

頂いたご感想を一部だけ、、

●自分の時間を考える機会ができて、よかったです。
 大事な事を大切にしつつ、隙間の時間を見つけてみたり、
 一度自分の時間を見直してみます。

●なかなか改めて生活の時間配分を考える事がなかったので、良い機会になりました。

数年後の自分の事を初めて考えました。

●自分にとって何が大切かを考えるきっかけになりました。

●冷静に1日のスケジュールを振り返る事がなかったので、これをきっかけに考えてみようと思います。

●お話がきけてよかったです。5年後も子どもと二人で楽しく元気で幸せでいられたらいいなあと思いました。

●子育て期は、優先順位をつけて手を抜く所を持ってもいい、それも大切。
 一番子育てで大変な時期は外に出て、子育てのサポーターを増やす。
 横田さんの娘さんとの遊ぶ時間のねん出方法など、参考になりました。
e0305098_15235196.jpg


人数が7名と少なかったので、1時間という短い時間でしたが、
今回は、皆さんの時間に関するお困り事を聞きながら、お話を進めさせて頂きました。

最後に頂いた感想は、個別にご相談された事に対する、私の提案の一部です。

ほんと、毎日毎日子育てに家事に・・と大変だと、
普段の「時間の使い方」を意識する事って、なかなか難しいですよね。

でも、今の自分と家族にとって何が大切か・・
それを意識して、頭の中をすっきりさせるだけで、
ラクになる事も多いです。

この日も、私、小さい子どもさん達を見ていると
「あ~かわいいなー。娘がこんな時もあったなー」
と微笑ましく思ったのですが、それはよそのお子さんだからですよね、、(笑)

私も、娘が2~3歳の頃が一番しんどくて、
子どもの感情に振り回される生活をしていました。
でも、うまく気分転換しながら「今はこういう時期だから」
と、自分にとって大切な事を選んでいったら、
ちょっとだけラクになったかな、、、。

短い時間で、お伝え出来る事も少なかったと思いますが、
皆さんにとって、何かのきっかけになって頂けたのでしたら幸いです。

私も楽しかったです。皆様、ありがとうございました。

自分にとって大切なものって何だろう?応援ぽちっとが励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村

お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。
その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?
一度学んだスキルは一生役に立ちます。


Maison du Soleilの講座

※お母さんのためのお片づけ講座

※お母さんのための時間管理講座

※子どもの家庭における環境保育+子どものお片づけ講座
 (新一年生準備バージョン)
  

このバージョンでは、小学校入学に向けて、
どのように子どもの環境を整えていくか、
子どもが自立してお片づけをしたり、自らご用意をするようになるには
どうしたらいいか・・
その方法を中心にお伝えしています。

学習机購入などをご検討の方も、是非受講してみて下さい。



今後、乳幼児バージョンを予定しております。しばらくお待ちください。


それぞれの詳しい講座内容はこちら→


お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

[PR]
by maisondesoleil | 2014-09-29 15:39 | ◆セミナーのご感想

まあいっかの精神

こんにちは!連日いいお天気ですね。

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、
宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleil 講座内容はこちら→


空間の整理についても同じかと思うのですが、
時間管理について、よく思う事があります。

とても真面目で、
私からすると既にキチンとされているようなお母さんに限って、
今、子育てでとても大変な状況なのに、

もっとがんばらやきゃ!
もっとキチンとちゃんとしなきゃ!
がんばれない私は、怠けものだ!

と思われて、本当は苦しんでいらっしゃるような気がする、、。
それで前向きに、楽しく暮らされていたら、それはそれでいいんですけどね、、。

なんだかどうも、しんどそう

そういう時、よーーくお話を聞いてみると

その方の親御さんが、とてもキチンとした真面目な方だったので、
無意識の中で、頑張らないといけない!と思っていて、
出来ないと、ダメな自分と思いこんでしまう・・。

というケースがあったりもします。

なるほど。なるほど。はは。
笑ってる場合じゃありませんけれど、

その頑張り、単に自分の親御さんの価値観かもしれませんよ!!
e0305098_17034808.jpg
大事なのは、今の自分がどうしたいのか?
今の自分の感情や思いは何か?

それを十分に感じ、ゆっくり考えてみると、
もしかしたら、ちょっとラクになるかもしれません。

もう大人ですしね、、。
ご自分の思いを大切にされてもいいかと思いますよ。

私、いい加減 とか まあいっか ていう言葉が大好きで、
自分の事許すのも好き。

そうしたら、すごくラクだからです。

あんまりやりすぎると、グータラなオバサン💦になりそうですが、
私は基本的に自分が頑張る人なので、反対に普段から適当に力を抜く事を心がけています。

まあいっか

一度やってしまうとラクかもしれません。

あと、あんまり「頑張る頑張る!!」って、力が入り過ぎていると、
周りの事も自分の事も、大切な事を見落としてしまう事が多いような気が、
私個人はしています。

まあいっか

ふふ。きっと一度やるとラクですよ~。(ささやき)

私無いわ~、ラクし過ぎやもーーん。と思われたお母さんには、関係の無い話ですけどね。
(具体的に、このブログを読んでいる、数人の顔が頭に浮かびますが、、(笑))

よっしゃ!では今日から「まあいっか」で。と思われた方は、ぽちっとして下さるとうれしいです!
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村


お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。
その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?
一度学んだスキルは一生役に立ちます。


Maison du Soleilの講座

※お母さんのためのお片づけ講座

※お母さんのための時間管理講座

※子どもの家庭における環境保育+子どものお片づけ講座
 (新一年生準備バージョン)
  

このバージョンでは、小学校入学に向けて、
どのように子どもの環境を整えていくか、
子どもが自立してお片づけをしたり、自らご用意をするようになるには
どうしたらいいか・・
その方法を中心にお伝えしています。

学習机購入などをご検討の方も、是非受講してみて下さい。



今後、乳幼児バージョンを予定しております。しばらくお待ちください。


それぞれの詳しい講座内容はこちら→


お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

[PR]
by maisondesoleil | 2014-09-28 17:06 |   -時間管理

家族でオーガナイズ。の幸せ

秋晴れの土曜日。
今日は一日家族で、家の中をオーガナイズしました!

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、
宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleil 講座内容はこちら→


10月1日~マンションの大規模修繕に入る我が家。
今後半年間、ベランダに一切モノが出せないようになります。

職業柄(お花の先生もやってます)
我が家のベランダにはレッスン用の花器や材料が、沢山置いてありました。

とにかく、それを全部室内に入れなきゃいけない!!

我が家の収納状況は、容量のだいたい8割程度なので、
まあなんとか押入れの隙間などを工夫して、収めたのですが、

たとえ押入れの中とはいえ、
容量8割→満杯になると、なんだか息苦しく感じます。

なので、この際思い切って
家の中のモノの量を全体的に減らす事に!

普段から、うちにはもうあまり処分するものなんてないな、、。
などと思っていたのですが、探せば結構出てきますね。

今回処分したモノの多くはCD類や本類でした。
結局、中くらいの紙袋4袋分のそれらと、
胸の高さ程あるCD棚もリサイクルショップへ。

ベランダに置いてあった、テーブルとイスのセットは
修繕の間、実家に預かってもらおうかな?
と思っていたら、パパが「自分の部屋に置きたい!!」とな。
e0305098_20575919.jpg
という訳でパパのお部屋に突如Cafeスペースが出現!
あら~、結構ステキかも。今度お茶しにいこうかしら?

結局家族でなんや~、かんや~いいながら、楽しくオーガナイズ作業終了。
最後にパパが一言

「これから半年の修繕なんて、ストレスが溜まるとばかり思っていたけど、
これもモノを見直すいいきっかけになったな」ですとーー。

おおおおーーーーー。
さすが、オーガナイザーの夫の鏡!!言う事が前向きでございます!
(鏡って、私が勝手に言ってるだけで、誰からも認定されてないんですけどね(-_-;))

私、こういう作業って、大好きです。

家や状況はその時々によって変わるものだし、変わらざる得ない時もあります。
でも、その変化をプラスに捉える事が出来れば、

前向きな「今」と「未来」が見えてくるんじゃないかな、、。とも思います。

まさにお片付け=家族のコミュニケーション!!

みなさんも、この秋、家族でお家オーガナイズしてみませんか?


応援ぽちっとがはげみになります。押して頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村




お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。
その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?
一度学んだスキルは一生役に立ちます。


Maison du Soleilの講座

※お母さんのためのお片づけ講座

※お母さんのための時間管理講座

※子どもの家庭における環境保育+子どものお片づけ講座
 (新一年生準備バージョン)
  

このバージョンでは、小学校入学に向けて、
どのように子どもの環境を整えていくか、
子どもが自立してお片づけをしたり、自らご用意をするようになるには
どうしたらいいか・・
その方法を中心にお伝えしています。

学習机購入などをご検討の方も、是非受講してみて下さい。

今後、乳幼児バージョンを予定しております。しばらくお待ちください。


それぞれの詳しい講座内容はこちら→


お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

[PR]
by maisondesoleil | 2014-09-27 21:01 |  ├家族のこと

子どもにお金の感覚を

こんばんは~。連日睡眠不足な私です。
睡眠が足りないと、ついつい子どもにイライラしがち(-_-;)
今日は早くねよう!!っと。

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、
宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleil 講座内容はこちら→


さて、ちょっと前になりますが、
ライフオーガナイザーのお仲間、あっちゃん事、
長谷部敦子さんが所属する、

(あっちゃんこの日もとってもいい記事を書いていました。
私はもう、家計に関するオーガナイズの事はあっちゃんにお任せしますので、
家計オーガナイズにご興味がある方は、あっちゃんのブログを覗いてみて下さい!)

キッズマネーステーションKANSAI主催の子どものお金イベント
『お誕生日大作戦!~お金は貯めるもの?使うもの?~』
に親子で参加してきました。

講師の先生はとっても素敵な、お金教育研究家のはぎはらゆきさん。

今回は、参加した子ども達が実際に
お誕生日会をプロデュースするという前提で、
おこづかいやお金の話を、子ども向けに、とてもとても
分かりやすく、お話してくださいました。

子どもは、やはり実際に体験したり、視覚から物事を教えてもらうと、
ものすごい吸収力を発揮しますね。

帰ってから、さっそく自分のお財布を何やらゴソゴソ整理している娘。。

はぎはら先生に教えて頂いたやり方で、今あるお財布の中身を

・つかう
・ためる
・あげる


に早速分けておりました。
e0305098_23005183.jpg
この「あげる」ためにとっておくお金、というのが、
私にはとても新鮮で。。

親が子どもにお金の話をするとしたら、まあ、せめて
「つかう」「ためる」までで
「あげる」はなかなか、教えないと思うのですよね。

でも、小さい頃から習慣として
「あげる」
ために、自分のお金を分けておくというのは、
大きくなってからお金の感覚を養うのに、
とても大切な要素だな
。と思いました。

私、大学を卒業して新卒で入った会社が、
いわゆるベンチャー企業だったんですよね。
社長が大学時代に、友達と趣味で始めた会社で、
たまたま時代の波に乗ったというか、、
それで株式上場まで行ったのですが、
あっという間に潰れちゃいました。

原因は?まあ、色々あったのだとは思うのですが、
社長にこの「あげる」精神が無かったからかな~。
と私は思っています。

会社がどんなに大きくなっても、社員を大切にしなかった。
儲けの先にある「理想」とか「社会貢献」とかいう考えが、そもそも最初から無かった。。

私は、早々にその会社を見限って、さっさと転職しましたが、
その後会社が潰れたと同僚から聞いて、

「ああ、やっぱり経営のトップにこういう感覚が無いと、
どんなに途中で会社が大きくなったとしても、最終的には潰れるんだな。。」

と強烈に思ったのでした。

はぎはら先生は、キッズマネーステーションで
次世代の子どもの起業家精神も養いたい!って仰っていました。

日本では、子ども→お金というと、お小遣い。
位しかイメージが沸きませんけれど、
この「あげる」の精神を、
まずは身近な、お小遣い教育から養っておく事は
とても大切な事だなあ~と、親として強く思ったイベントでした。

こういう活動は素晴らしいと思います

オーガナイザーとしても、子どもに単に
「お片づけの仕組やノウハウ」を教えるだけじゃなくて、
もっとその先にある大切な事を伝えていかなきゃいけないな。。
と思った私なのでした。

キッズマネーステーション
皆さんもご興味あれば、イベントに一度参加してみて下さい!
きっと損はしないと思いますよ。

そうね。子どもとお金、、考えてみようかな?そう思われた方はぽちっとして下さると幸いです!
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村


お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。
その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?
一度学んだスキルは一生役に立ちます。


Maison du Soleilの講座

※お母さんのためのお片づけ講座

※お母さんのための時間管理講座

※子どもの家庭における環境保育+子どものお片づけ講座
 (新一年生準備バージョン)
  

このバージョンでは、小学校入学に向けて、
どのように子どもの環境を整えていくか、
子どもが自立してお片づけをしたり、自らご用意をするようになるには
どうしたらいいか・・
その方法を中心にお伝えしています。

学習机購入などをご検討の方も、是非受講してみて下さい。



今後、乳幼児バージョンを予定しております。しばらくお待ちください。


それぞれの詳しい講座内容はこちら→


お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

[PR]
by maisondesoleil | 2014-09-26 23:05 |    ├おこづかい

子どもの家庭環境保育 ご感想(個別サービス実作業)  Before→After

こんばんは!毎日更新がこの時間になっている私、、(-_-;)
先日 子どもの環境保育の個別サービスを受けて下さったK様よりご感想を頂きました!

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、
宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleil 講座内容はこちら→



ありがたく掲載させて頂きますね~。

・・・・・・・・・・・・・・
ちひろさん

先日は、雨の中わざわざ家まで来てくださって、ほんとうにありがとうございました。

・本日のサービスはいかがでしたか?

サービスを受けて、私が具体的に何に困っているのかや、
私の子供に対する思いや願いが明確になりました。

また、子供や子供の環境に対する自分の足りなかった視点が補われた感じがして、
なんだか精神的に満たされた気がします。

・実際にお部屋を変えられてお子様、お母様に変化はありましたか?

[子] 

自分のテリトリー?が決まったせいか、
今までは「○○が出したんやから○○が片づけて~」と言い合っていたのが、
それぞれが自分のおもちゃを前よりも責任をもって片づけるようになりました。
また、自分の場所が決まると、かえってその中間地点で
二人で一緒に遊ぶ時間が増えたように思います。

[母] 

『寝るまえだからといって、完璧におもちゃを片づける必要はない。
なんなら、リビングに面した和室の戸を閉めてしまって一日の終了にしてもよい。』 
という言葉は楽になりました
今のこどもにとって、寝る前の片づけよりも、翌日に遊びの続きを残すほうが
大切なときもあるんだと思えて、子供におおらかに接することができるようになりました

・他に何かあればお願いします。

  
3時間という時間内のサービスもさることながら、
翌日頂いたレポートでは内容を丁寧にまとめてくださっているので、
私のような忘れっぽい人間には非常にありがたかったです。
メモする必要なかったですね。

子供の個性や成長過程を基に、具体的な環境の整え方や、普段からの遊び、
親としての対応の提案なども書かれてあって、とても参考になりました。
そして、何度も見返すためにプリントして手元に置いておこうと思いました。

今回このような機会をいただけてよかったです♪
また何かあれば、よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

子どもの環境を整えるというのは、単によく言われる

●子どもが片づけやすくする
●子どもの自立を促す
●兄弟のモノを別々に管理する
●遊びと勉強の環境を分ける

といったものだけではないと、私は思うのですよね。

それは、それぞれの子どもの個性や気質や発達段階などを考慮した上で、
その時の家族間のコミュニケーションや遊びや学びの内容など、
様々な角度から考えないと、最終的にはその子どもが伸び伸びと、
自分らしく「心地よく」過ごせる環境って作れないと思うのです。。

そして、そうだからこそ、その環境は
状況の変化によって変わっていくべき
ものなのです。

そのためには、親はその子どもの
個性を十分に認め
普段から子どもをよ~~く観察する必要があるのです。

現在受けて下さっているのは、子どもの環境保育のモニター様ですので、
実際のサービスの内容はこれからどうしようか、、とまだ検討している最中なのですが、、

K様が今回のサービスを受けて、「精神的に満たされた」って仰って下さったのが、
何よりうれしかった私なのでした。。

ママも子どもも「ラク」になる家庭環境づくり、、

しっかりサービスとしてご提案できる準備を、
これから年末に向けてやっていこうと思っています!!がんばるぞーー。

Before 兄妹のモノが混在し、日々ケンカが勃発!!
e0305098_23154897.jpg
After 

こちらの壁側は妹ちゃんメインのモノに、、ご用意も自分で出来るように(当日の写真なので、仮置きのものも写っていますが)遊びも広がるようなモノの配置に並び替えました。
お兄ちゃんのモノは反対側の壁側に。。

お母さんが実際にお困りの問題と、二人の遊びと学びを考慮し、空間の真ん中にローテーブルを購入される事になりました。

 
e0305098_23163928.jpg
がんばって~の応援ぽちっとして下さると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村




お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。
その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?一度学んだスキルは一生役に立ちます。


Maison du Soleilの講座

※お母さんのためのお片づけ講座

※お母さんのための時間管理講座

※子どもの家庭における環境保育+子どものお片づけ講座
 (新一年生準備バージョン)
  

このバージョンでは、小学校入学に向けて、
どのように子どもの環境を整えていくか、子どもが自立してお片づけをしたり、自らご用意をするようになるには
どうしたらいいか・・その方法を中心にお伝えしています。

学習机購入などをご検討の方も、是非受講してみて下さい。



今後、乳幼児バージョンを予定しております。しばらくお待ちください。


それぞれの詳しい講座内容はこちら→


お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!


[PR]
by maisondesoleil | 2014-09-25 23:34 |  ├様子・ご感想

おかたづけは親も一緒に

こんばんは!

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleil 講座内容はこちら→


「うちの子全然おかたづけしません」

ライフオーガナイザーとして、お母さま達からよ~く聞くセリフ(笑)です。

子どもがおかたづけをするようになるには、、。

まあ色々あるのですよ。
そりゃあ、仕組を作るとかね。色々ね。
子どもの自立のためにも、出来れば自分でちゃんとおかたづけして欲しいものですよ。

まあそこらへんは一旦置いてですね。
私が思うに、

そんな事言うなら、お母さんがいつまでも一緒に、かたづけてあげたらいいと思います。

ブリブリ怒りながら、お母さんは遠くから「かたづけなさーい」ってよそ向きながら、
他の用事をしている位なら、その場ですぐ子どもの目の前に行って、
淡々と子どもと一緒に「おかたづけ」をやってあげたらいいと思いますよ。

おかたづけの仕組が出来ていたとしても、
子どものペースはそもそもゆっくりだし、

・どれくらいの速さで、かたづければいいのか?
・どのタイミングで、かたづけるのか?
・どうやって、かたづけるのか?
・どこまでかたづけたら、OKとするのか?

そういうのは、繰り返し繰り返し、親が子どもと一緒にかたづけて
「こうすればいいんだよ」って見せていけばいいと思います。
e0305098_23215995.jpg
これ使いにくいのよ~こんな仕切り箱が欲しいのよ~。そんな事も言ってくるかも?

一緒にしていれば、そのおかたづけの仕組や、こちらが期待している事なんかが、
子どもにあっていなければ、お母さんはそれに気づくかもしれないし、
子どもがそこそこ大きければ、自ら何か意見を言ってくるかもしれません。

おかたづけは親子のコミュニケーションの一つの形だと私は思います。

一旦作ってしまったおかたづけのルールや、仕組も
そのコミュニケーションの中で不具合が見つかれば、
親子でどんどん修正していけばいい事なのです。

これは、小さい子どもさんだけではなくて、大きい子どもさんにも同じ事かと、、。
親が突然ずかずか入ってきて、自分の部屋を一緒にかたづけられるのが嫌ならば、

じゃあ自分でかたづけるためには、どうしたらいいのか考えてみようよ

ともいえるはず。

子どもには子どもの意見もあると思います。

そして、親はもしかすると、ご自分の意見や期待している基準をちゃんと子どもに伝えずに
ただ「かたづけろ」と遠くから言って、ぷりぷり怒っているだけかもしれません。

そもそもその期待している基準自体も、もしかすると、子どもにとっては「ツライ基準。出来ない基準」なのかも?
今あるお片づけの「仕組」も、もしかするとその子に合っていないのかも。。

大事なのは子どもをよく見る事。
一緒に行動しながら、子どもとよく話す事。
そして何よりも、お互いを尊重する事。

それが子どもの「おかたづけ」においては大前提だと、私は思います。

そして、おかたづけ一つにしても、人生において大切な事を、
親は子どもに伝える事が出来るんじゃないかな~とも思います。

↓おかたづけの事、考えてみます。。と思われた方はぽちっとして下さるとうれしいです!
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村




お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。
その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?一度学んだスキルは一生役に立ちます。


Maison du Soleilの講座

※お母さんのためのお片づけ講座

※お母さんのための時間管理講座

※子どもの家庭における環境保育+子どものお片づけ講座
 (新一年生準備バージョン)
  

このバージョンでは、小学校入学に向けて、
どのように子どもの環境を整えていくか、子どもが自立してお片づけをしたり、自らご用意をするようになるには
どうしたらいいか・・その方法を中心にお伝えしています。

学習机購入などをご検討の方も、是非受講してみて下さい。



今後、乳幼児バージョンを予定しております。しばらくお待ちください。


それぞれの詳しい講座内容はこちら→


お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

[PR]
by maisondesoleil | 2014-09-23 23:28 |     ―子どもの片づけ

自分をほめる事の意義

さてさて、連日スターペアレンティングの研修を受けている私です。

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleil 講座内容はこちら→


今朝、講義の前に先生が
「あいうえお作文の様に、ご自分の名前の頭文字を使って
自分をほめたたえる自己紹介を作って下さい!」
と仰りました。

えーーー。

よ・・・よく食べ
こ・・・根性のある
た・・・退屈知らずの
ち・・・遅刻をしない
ひ・・・暇なし人生
ろ・・・ろって、なんじゃ????何がある?思いつかない~~!!

焦りました(-_-;)

それはさておき、
お母さんは「自分の事をほめる」って確かにあまりしないのかもしれません。

でも、先生仰っていましたよ。
「自分の事をほめられるようになれば、子どもの事をほめるのがラクになります」って。

確かにそうかもしれませんね。

「ほめる」にも色々定義があって、最近では
「ほめるではなく勇気づけです」とか、
「ほめるっていうのは、ある一定の期待をしているという事だから、それをし過ぎるとダメだ」
などと聞いて、「ほめるのはいけないのかな?どういう事?」って混乱されている方も
多い印象があります。

私が思う、子どもに対して行う「ほめる」とは、
大げさに、漠然とほめる事ではなく、具体的に、

・努力に対して認めてほめたり(何~をしてよく頑張ったね)
・行動をみたまま、ほめたり(しずかに座っていたね。)
・行動に対して感謝したり(洗濯モノを取り入れてくれてありがとう。うれしかったよ)

する事のように感じています。
e0305098_22380117.jpg
ディスプレイの中にいつのまにやらふなっしーが!!娘やりよったな!でもちょっとカワイイ。

でも、それ確かに自分に対しては、してるかな~。

・毎日なんやかんや言いながらごはんを作ってエライ!
・毎日なんやかんや言いながら洗濯してエライ!
・毎日(たまにサボるけど)掃除してエライ!

誰もほめてくれませんもんね。
自分でほめるしかありませんよね。
でも、それくらいしか、さっと出てこない所が、ちょっと自分でも悲しいですね。

自分の事はさておいて、子どものためになるというのであれば
「いっちょやってろうかな!」と思うのが母親心。。

それが子どもの自己肯定感を促す事に繋がるのであれば、
お母さん自身も、普段から、ご自分の事をいっぱい認めて、ほめちゃいましょうね

自分のいい所」をリストにするのもお勧めですよ。
だまされたと思って一度ぜひやってみて下さい。

そやね。だまされたと思って一度やろっかな?と思われた方はぽちっと応援お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村




お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。
その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?一度学んだスキルは一生役に立ちます。


Maison du Soleilの講座

※お母さんのためのお片づけ講座

※お母さんのための時間管理講座

※子どもの家庭における環境保育+子どものお片づけ講座
 (新一年生準備バージョン)
  

このバージョンでは、小学校入学に向けて、
どのように子どもの環境を整えていくか、子どもが自立してお片づけをしたり、自らご用意をするようになるには
どうしたらいいか・・その方法を中心にお伝えしています。

学習机購入などをご検討の方も、是非受講してみて下さい。



今後、乳幼児バージョンを予定しております。しばらくお待ちください。


それぞれの詳しい講座内容はこちら→


お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

[PR]
by maisondesoleil | 2014-09-22 22:40 |    ├自分自身の整え方

ママがそこに居ない・・

こんばんは。朝晩すっかり秋の気配ですね。
皆さま体調など崩されませんように、、。

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleil 講座内容はこちら→


さて、先週私、市内の親子広場みたいな所で、
若いママさん達に時間管理についてお話させて頂いたのですが、
そこでもやはり、

自分ひとりの時間や家事をする時間と、
子どもさんと過ごす時間とのバランスにお悩みの方が多いようでした。

私も、お花の仕事にしても、ライフオーガナイザーの仕事にしても
在宅で仕事をしているので、
「家にずっと居て、お子さんの事を見てあげられるし、いいですね・・」と
人からは言われたりするのですが、、

子どもにしたら、

確かに家にママはいる。でも、ずっとはそこにママは居ない・・。

と思っているのではないかと思います。
体はあっても、心がそこになければ、

私はずっとママに見てもらえないんだ。

って不安に思うかも。そちらの方が子どもにとっては酷な事かもしれません。
かといって、四六時中娘の事を見ていてあげるなんて、私には無理です。

なので、私の場合、
一日の中で自分に余裕のある時と、娘が比較的リラックスしている時が
重なっている時間帯
を見つけ出し、
他の用事をせずに、親子で過ごす時間をあえて作っています。

それは大抵、夕飯→お風呂に入るまでの時間帯で、
忙しい時は一日10分程度の時もあります。

余裕があればその時々の娘のリクエストに応じて、
一緒にカードゲームをしたり、何かちょこっと作ったり。
余裕が無ければ、食後のデザートを食べながらお喋りしたり、
ダラダラ一緒にTVを観たり。

娘の中では、夕飯→お風呂の時間帯は、ママは仕事をせずに
なんとなく私と過ごしてくれるんだ。。

という頭があるらしくて、他の時間帯は、私が仕事をしていようが
昼寝をしていようが、あんまりグズグズ言う事もなく
諦めているというか、そんなもんか、、と思っているようです。

e0305098_22343272.jpg
でも、これはうちの場合であって、
子どもの個性によって、ママに要求する事や、
共に過ごして欲しいと要求する時間もバラバラかと思いますので、

「私とどんな時間を過ごせば、この子は楽しいと感じるのかな?」
とママ自身が考えたり、
ある程度大きなお子さんであれば「何しよっか?」って
本人に聞いてみるといいかもしれませんね。

可能であれば、親子での楽しい時間帯は、毎日ある程度決まっている方が
子どもも予測が出来て安心かと思います。

ママがいつ遊んでくれるか、いつ自分の方を見てくれるかわからない不安って、
子どもにとってはかなりのストレスになると思います。

ただ、ポイントは、ママ自身も余裕のある時間帯を選ぶという事です。

遊ぶといっても、形だけで、ママの心そこにあらず・・であれば
子どもにとっては、それはまた、悲しい事と思いますのでね。

そうは言ってもなかなか難しい部分もありますが、
一日の中でみっちりとした親子の時間をあえて取った方が、
(兄弟がいれば、出来れば兄弟別々の特別な時間を)
結果的には子どもの不安が少なくなり、親子ともにラクになる場合もありますよ。

何よりも、自分がリラックスしている時間に、子どもと遊ぶのって、
本当は親にとっても、楽しい事かもしれません。
と、私も自分に言い聞かせながら、この記事を書いていますけれどね。(笑)

↓親子の時間を考えてみようかな?と思われた方、ぽちっとして下さると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村




お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。
その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?一度学んだスキルは一生役に立ちます。


Maison du Soleilの講座

※お母さんのためのお片づけ講座

※お母さんのための時間管理講座

※子どもの家庭における環境保育+子どものお片づけ講座
 (新一年生準備バージョン)
  

このバージョンでは、小学校入学に向けて、
どのように子どもの環境を整えていくか、子どもが自立してお片づけをしたり、自らご用意をするようになるには
どうしたらいいか・・その方法を中心にお伝えしています。

学習机購入などをご検討の方も、是非受講してみて下さい。



今後、乳幼児バージョンを予定しております。しばらくお待ちください。


それぞれの詳しい講座内容はこちら→


お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

[PR]
by maisondesoleil | 2014-09-21 22:39 |   -時間管理

布団は布団ケースへ?

こんばんは!今日は朝から、所属するくらしととのえ隊HYOGOのミーティングへ。
また秋にととのえ隊でイベントをする予定ですよ!お楽しみに!!

私、今日、ととのえ隊に所属してから初めてのミーティングだったのですが、
態度がデカ過ぎて、新人に見えないと言われちゃいました!はは。
結構色んな所で、色んな人から言われます(笑)

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleil 講座内容はこちら→


さて、クライアントさまからのご質問。
「お布団は布団ケースに入れて保管するべきですか?」

私の答:状況によります。状況によっては、どちらでもいいかと思います。

この間、お引越しの前後で、Maison du Soleilの個別サービスをご依頼下さったM様宅。
新居の押入れの中です。(許可を頂いて掲載しています)

e0305098_21585803.jpg

<下の段>

空間に余裕があり、保管されるお布団の量もこれくらいであれば、
そのまま保管されても全然OKです。

<上の段>

実は新居の押入れの形状の問題で、シーツやまくらカバーなど細かいモノを保管している
旧居から持ってきたFitsの収納ケースが、空間の真ん中にしか置けませんでした。

なので、残ったお布団は、その横に立てて収納するしかありません。
そこで、こちらのお布団は収納袋(旧居にもともとあったものです)に入れました。

つまり、、

お布団を布団ケースや、布団袋に入れて、メリットがあれば入れましょう。という事です。
入れる事によって、

縦においたり、重ねたりして空間がうまく利用できる。
スッキリして見える。
布団を出し入れするのがラクになる。

などでしょうか。

e0305098_22094815.jpg

うちの押入れも、こんな感じ。
バラバラになりがちな薄手の毛布などは、収納の巣さんの布団ケースを使って保管しています。

メリットは

・見た目がスッキリする。
・表にラベリングが出来るので中に何が入っているかすぐわかる
・空間がうまく仕切られるので、出し入れがラク。
(毛布って一枚出す度に、ドサドサと布団の山が崩れてきたりしますよね)

それに、ここは押入れの天袋なので、こういうケースの前面に持ち手があるものだと
本当に出し入れがラクで、季節の布団の入れ替え作業が、非常~~に楽ちんです。

当たり前のような事なのですが、収納好きで収納術にはまってしまった方などは、

「布団は布団ケースに、いちいち入れなきゃいけないもんだ!」

となんだか思われてしまうようです。

いやいや、そんな事ありませんよ。
それに、布団袋だって手作りしてもいいし、古いTシャツの中に入れて、縦収納してもいいですしね。

ただ、布団ケースや袋を新たに購入されるのであれば、収納の巣さんのような、
しっかりした作りで、角がとがっている形で自立し、通気性がいいもの
をお勧めします。

(100円ショップなどでも、安い不織布製のものがありますが、
 布団を入れた状態で、しっかり自立しないものはお勧めしません)


収納の巣さんの布団ケース・寝具ケースはコチラ→ 色々あって楽し~い!
使い勝手がよくて、うちも愛用中。

あと、押入れはやはり湿気が大敵ですので、除湿剤やスノコもうまく利用されるといいかと思います。
布団ケースの中にも入る、繰り返し使える除湿剤(収納の巣さんにもあります→
なども売っていますので、一度考えてみて下さいね。


んじゃ、うちも押入れ整理しよかな?と思われた方は、ぽちっとして下さるとうれしいです!
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村




お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。
その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?一度学んだスキルは一生役に立ちます。


Maison du Soleilの講座

※お母さんのためのお片づけ講座

※お母さんのための時間管理講座

※子どもの家庭における環境保育+子どものお片づけ講座
 (新一年生準備バージョン)
  

このバージョンでは、小学校入学に向けて、
どのように子どもの環境を整えていくか、子どもが自立してお片づけをしたり、自らご用意をするようになるには
どうしたらいいか・・その方法を中心にお伝えしています。

学習机購入などをご検討の方も、是非受講してみて下さい。



今後、乳幼児バージョンを予定しております。しばらくお待ちください。


それぞれの詳しい講座内容はこちら→


お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

[PR]
by maisondesoleil | 2014-09-19 22:43 |   ーモノの収め方を決める


家族みんなが「ほっとできるおうちづくり」兵庫 宝塚 子ども部屋片づけ ライフオーガナイザー横田ちひろです。乳幼児~学童期親子の「もっと仲良く。もっと楽。な家庭環境づくり」をサポートします!


by maisondusoleil

プロフィールを見る

メモ帳

ホームページ

お問い合わせもHPよりお気軽に!


わが家の仕組や収納は「暮らしニスタ」に投稿中!!
(2016年秋Como共催:無印良品・ニトリ・イケアの収納コンテスト銀賞)



コノビー専門家ライター



スターペアレンティング


日本ライフオーガナイザー協会

片づけ収納ドットコム

遊び込み

カテゴリ

全体
◆ホームページ
◆子どもの家庭環境保育
~物的環境~
 <遊びの環境>
   ├遊び環境・配置
   ├おもちゃ選び
   ├おもちゃ収納
   ├遊び時間のねん出
   ├遊びのアイデア
   ├絵本環境
   ├遊びの効能
   ├親の関わり
 <自立環境>
   ├声掛け・親の姿勢
   ├身辺自立
    ―子どもの片づけ
    ー着る環境
    ―食べる環境
    ーやることリスト
    ー自立環境の仕組み(収納)
   ├お手伝い
 <学びの環境>
   ├学びと遊び
   ├学習物的環境
   ├学習収納
   ├親のよりそい
   ├おこづかい
 <他>
   ├家庭環境に必要な事
   ├色・インテリア
   ├写真・思い出収納
~心的環境~
 <親子の関わり>
   ├子どもへの心がけ
   ├子どもの自己肯定感
   ├子どもの不安
   ├イヤイヤ期
   ├しつけ
   ├気質と発達段階
   ├いじめ・犯罪
 <親のセルフケア>
   ├子どもへのイライラ
   ├自分自身の整え方
   ├暮らしを楽しむ
   ├ママ友 人付き合い
◆ママの家庭環境づくり
 ├ママの時間オーガナイズ
  -時間管理
  -時短料理
  -時短掃除
 ├ママの空間オーガナイズ
  ーお片づけの考え
  ーモノを減らす・選ぶ
  ーモノの住所を決める
  ーモノの収め方を決める
  ー収納用品を選ぶ
  ーモノを収める
  ーお片づけを維持する
◆もしもの備え 病気災害
◆私の事
 ├娘のこと
 ├つぶやき
 ├家族のこと
◆セミナー案内
◆個別サービス(子ども)
 ├様子・ご感想
◆個別サービス(ママ)
 ├様子 ご感想(ママ)
◆自宅講座のご感想
◆セミナーのご感想
◆その他

最新の記事

アメブロにお引越しのお知らせ
at 2017-02-19 15:38
子どもの自立環境 やるかやら..
at 2017-02-17 23:02
子どもが自分で部屋のインテリ..
at 2017-02-16 18:38
人の「あったかさ」が身に沁みた日
at 2017-02-15 19:31
ママが自分で自分を褒める方法
at 2017-02-14 20:51
毎日の食事づくりのハードルを..
at 2017-02-13 18:07
男の子にも!<子どもが性犯罪..
at 2017-02-12 16:26
久しぶりの夫婦時間と居ないと..
at 2017-02-11 20:43
3、4歳~。反抗的になる時期..
at 2017-02-10 15:58
我が家の3年間の教科書収納の変遷
at 2017-02-09 16:17

記事ランキング

検索

ブログパーツ

その他のジャンル

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ライフログ


親と子どもの感情BOOK―感情ときちんと向き合う子どもが育つ


子どもとのコミュニケーション・スキル―子どものこころが育つ聴き方・話し方


叩かず甘やかさず子育てする方法


片づけと収納がらくになる仕組みづくり ライフオーガナイズ: もっと心地いい暮らし方


遊びとしつけ―子育てが楽しくなるコツ


遊びとおもちゃ―ディベロップメンタルトイズガイドブック

ブログジャンル

インテリア・収納
子育て

フォロー中のブログ

OURHOME
片付けたくなる部屋づくり
丘の上の家
暮らしのはこ ~思考と空...
Flower Ateli...
菜の花style。