<   2014年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

7月末!夏休みの計画を見直してみよう!

気が付けば・・・もう7月末じゃございませんか!!
アラフォーにもなると時が経つのが早いーー。

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleil 講座内容はこちら→


・・てな事を言っていないで、今日は

夏休みに子どもとやりたい事を、一旦見直しましょう。

というお話です。

夏休み、、皆さん子どもさんと「あれもこれもやりたい!」と計画を建てられた事でしょう。
もしくは反対に、ダラダラとあっという間に、10日あまり過ぎてしまった・・とか。

8月に入る前に、もう一度「夏休み」について、親子で考えてみませんか?

計画通りに進んでいる?

→思ったより、お出かけが多くて、なんだか親子でバタバタしていてしんどい。
→意外と時間があって、持て余しているみたい。

などなど、、、。

夏休み突入→今日までの様子を、この7月末のタイミングで、ゆっくり振り返ってみると、
結構見えてくる事もあると思います。
e0305098_13333788.jpg
振り返った上で、残りの夏休みの過ごし方を、もう一度考えてみて
下さい

→お出かけをセーブして、もっとゆっくり親子でお料理したり、お散歩する時間を作ろう!!
→せっかくの夏休み。自然体験が出来る施設に遊びに行ってみよう!!

とか、思うかもしれませんね。

ポイントは、親子で一緒に

●7月を振り返り
●残りの夏休みをどうやって過ごしたいのか

を話し合って、

子どもが「これが一番やりたいのよーーー」という事と
親が「これが一番やらせたいのよーーー」という事を、
しっかり擦り合わせ、

「やりたい事」の優先順位をしっかりと見直す事です。

うちもこれ、今日やります!!うちの様子は、また明日。

我が家は、7月はちょっとバタバタし過ぎだったかな?
娘は多分、私とのんびり遊びたいと思っているような気がします。

みなさん、毎日暑いですが、充実した夏休みをお過ごしくださいねえ。


お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。

その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?一度学んだスキルは一生役に立ちます。


↓うちもやってみよう!と思った方はポチっとお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村

講座のお申し込み&お問い合わせはこちらからお問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!



[PR]
by maisondesoleil | 2014-07-31 13:34 |     ーやることリスト | Comments(0)

子育て中、情報の処理はサッサとすます

連日子どもの事ばかり書いていたので、たまにはオーガナイザーっぽい事を、、。

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleil 講座内容はこちら→


私は紙の情報は、手に入れたその場で即、処理します。

そのほうが、思考がスッキリするからです。
子育て中はただでさえ、やるべき事が多いので、出来る範囲で頭の中はスッキリさせておきたい所!

うちの場合は、

・新聞・チラシ
→読んだらゴミの日までの保管BOXへ

・雑誌
→気になる箇所だけ切り取って、保管。
料理・お花・整理収納・インテリア・遊びおでかけ・旅行プランのみ保管用の専用ファイルあり。あとの情報は紙で一切残していません。

・カタログ・ダイレクトメール
→基本的に受け取らない。受け取ったら目を通してすぐ捨てる。

・お知らせ類
→長期保存の場合はそれぞれ決めた保管場所へ
→期限があるものは保留ファイルへ

      
・電気・ガス・カード・保険の領収書
→支払の引き落としが確認されたら処分。

等々、、そんな感じなので、家中書類で溢れかえるという事はほとんどありません。

学校や役所などへの提出物なども、
基本的には受け取ったその日にすべて処理するようにしています。

それだけで「あれやらなきゃな~」と思わずにすんで、頭の中がスッキリします。

保留ファイルも、かさばらないように100均のキャリーケースタイプのファイルを使っています。
e0305098_16531007.jpg
中身があまり入らないので、ここから溢れてくると、強制的に処理しなくっちゃ!という気が起こるのです。

お片づけサポートに伺うと、家の中から保留ファイルやBOXが、
何個何個も出てくるケースも多いですが(笑)

せめて保留BOXは一つだけ!!溢れたら処理する!!ぐらいは決めておく事が大切です。

子育て中はいくら時間があっても足りないので、情報に振り回されないようにしたいですね。

お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。
その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?一度学んだスキルは一生役に立ちます。


↓毎日ぽちっとして下さるとうれしいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村

講座のお申し込み&お問い合わせはこちらからお問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!


[PR]
by maisondesoleil | 2014-07-30 17:00 |   ーモノを減らす・選ぶ | Comments(0)

子どものおかたづけは慎重に、、

今日はちょっとだけ涼しいですね~。こんな日は朝から眠い私です。夏バテかな?

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleil 講座内容はこちら→


さて、今日は子どものおかたづけの話です。

過去記事 1~2歳の子どもに片づけをさせる事にも書いているのですが、
娘が小さい頃、児童館や公共の施設で、まだ1~2歳位の子どもの後を

「おもちゃは一つ出したら一つしまおうね!」

って追いかけまわしているお母さん達を、結構見ました(笑)

反対に、先日Maison du Soleilの「子どもの環境保育+お片づけ講座」を
受講して下さったYさんなんかは

「うちの子の理想は片づけなくてもいい環境だと思います。
きっと、おもちゃを全部出して存分に遊びたいと思っているはずだから、そうさせてあげたい」

とおっしゃる。

おもしろいですね。
お母さんによって、こんなにもおかたづけに対しての視点が違う。

私も、こんな仕事をしていてなんですが、
子どもが3歳くらいまでは、おかたづけする事なんて、たいした問題ではないのでは?
と個人的に思っています。

もちろん子どもだって、おかたづけで身に付く力は沢山あると思います。。
それについて記事を書こうと思ったら、多分1か月位書き続ける事も出来るかも。
(多分ですけど・・はは。)

でも、それほど小さい頃から「おかたづけ、おかたづけ」って、うるさく言わなくっても

子どもにはちゃんとモノを戻せる環境があって、いいお手本(おかたづけをする大人)が
そばにいれば、自然と「おかたづけ」が出来るようになると私は思っています。
e0305098_11112387.jpg
それよりも、小さい子どもっていうのは、

「今、目の前にあるおもちゃで遊びたい!!」
「おもちゃをいっぱい出して遊びたい!!」って思っている子が多いんじゃないでしょうか。

子どもをよーーく観察していると、一つのおもちゃで遊んでいたのに、ぽいっとそれを放り投げて
違うおもちゃで遊ぼうとする。

一見「飽きたのかな?」と思うとそうではなくて、特に2~3歳位からでしょうか、、、
みたて遊びが上手になってくるような年齢になってくると、

あっちのおもちゃと、こっちのおもちゃを繋げて遊ぼうとする。

積木で作ったお家の中で、おままごとをしながら、折り紙を使っておかずを作る・・みたいな。

そのためにはある程度、おもちゃを箱から出したり、おもちゃが見えている必要があります。
一つのおもちゃで遊んだら、一つのおもちゃを片づけるなんて事をしていたら、、、
おもちゃを、外からまったく見えない箱にしまい込んでいたら、、、

小さい子どもには到底そんな事は出来ません。

子どもが熱中して遊んで、工夫して色々なモノを組み合わせて、想像して何かを創り出す。

小さい頃のこんな経験こそが、大人になってから生きていくためには、本当に必要な力なのではないでしょうか。
e0305098_14181047.jpg
誤解をしないで頂きたいのは、私は別におかたづけが悪いとはいっているのではなくて、
大事なのは、おかたづけのタイミングとその方法

子どもの貴重な「集中の芽」を、「創造の芽」を、お母さんの安易な「片づけなさい!」や、
大人仕様のスッキリ収納で摘んでしまわないように。

子どものおかたづけへの声かけや、おもちゃの収納方法や配置を含めた、
空間づくりには、とても細やかな大人の注意が必要だと、私は思っています。

具体的なおもちゃの収納方法、配置については、また追々していきますね。

声かけのタイミングについて、ご興味がある方は、
過去記事 1~2歳の子どもに片づけをさせる事 もあわせて読んでみて下さいね。



↓更新のはげみになります。1クリックして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村

お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。

その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?一度学んだスキルは一生役に立ちます。

講座のお申し込み&お問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください

このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!



[PR]
by maisondesoleil | 2014-07-28 19:18 |     ―子どもの片づけ | Comments(0)

1歳半~2歳半の環境づくりのコツ

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleil 講座内容はこちら→


はじめましてにも書きましたように、私は子どもが小さかった頃、その環境を家庭でどう整えていくか、、という事を専門書で調べまくりました。

でも「これ」といった分かりやすいモノに出会わず、色々な意見を自分の中で総合的にまとめるまでに時間がかかりました。

前にも言った通り、勘のいいお母さんは、私みたいにアホみたいに専門書を読み漁らなくても、
こんな事は分かられると思いますが、
今日は私が、ライフオーガナイザーになってから見つけた

「こんなまとまった情報、新米ママの私が知りたかったな」

というサイトについてご紹介しますね。

独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター(←ページのリンクを貼ってあります)

リンクページ中程の「発達障害の子どもと家族への早期支援システムの社会実装 」のうち
親向け ⑤ペアレンティング:環境づくりのコツ のPDFファイルを開くと写真のような冊子が出てきます。
e0305098_13363477.jpg
発達障害の・・とありますが、この冊子はすべてのお子さんの親向けに書かれたものです。
(だた、発達障害の子どもの支援プログラムと、幼い子どもの環境づくりにはかなりの共通点があって、
この話は追々していこうと思っています。)


この冊子の1ページ目には「子どもの発達は十人十色」と書かれていて

子どもの発達のペースには一人ひとりさまざまです。

子どもの発達の仕方に正解や不正解はありません。

お子さん一人ひとりの「その子らしさ」を見つけ、丁寧に子育てをしていきましょう。


とあります。

実際の環境づくりに関しては、

親が小さい子どもに、ダメダメといわないで子育てするには、
子どもが満足してお家で過ごすには、具体的にどうすればいいのか、、

が分かりやすく書いてあります。

とにかく百聞は一見にしかず!!です。一度このサイト→写真の冊子を見てみて下さい。

本当は、こういう環境づくりに関しては、他の要素も含む詳細をぜひ
9月~開講予定のMaison du Soleilの「子どもの環境保育+お片づけ講座」の未就園児バージョン
を受けて学んでいただければな、と思うのですが、、。

ご遠方の方や、どうしても講座を受講できない方、、参考にしてみて下さいね。


お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。
その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?一度学んだスキルは一生役に立ちます。


↓応援の1クリック、お願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村

講座のお申し込み&お問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!



[PR]
by maisondesoleil | 2014-07-26 17:00 |    ├遊び環境・配置 | Comments(0)

子ども部屋の色づかい

こんばんは。毎日ほんとうに暑いですね。

今日朝から娘のテニスのレッスンに付き合って帰ってきたら、熱が出ました。
熱中症?甲斐甲斐しくお世話をしてくれる娘、、
でも心の中では「ちょっとは黙って寝かしてくれい!!」と思ってしまう私、、(笑)

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleil 講座内容はこちら→


今日は子どもの部屋の色づかいについて、、

といっても、私インテリアやカラーの専門家でもなんでもないのですが、、。
お片づけ講座で皆さんに持参して頂く子どもコーナーの写真を見て、少し気になる点がありまして、、。

我が家の子ども部屋。
さほどセンスも感じられませんし、モノは多いし、色も結構使っているかと思いますが、
娘の意向を取り入れながら、全体で色がなんとなく調和するようにだけは、心がけています。

メインの色使いはなるべくトーンを揃え、ごちゃごちゃした小物類は白で統一。
あとは木目のやわらかさで全体のバランスが取れるように、、。
e0305098_20043928.jpg
子どもの発達心理学を学んでいた時に
「子どもの色の感受性は思春期まで発達する」と習いました。

自分の娘を育てる際にも
「子どもが小さい頃は、色々な色を見せた方がよい」という説もよく聞きました。

お片づけする際のBOXなども、子どもの場合は「色で認識しやすい」ので、色を効果的に使うのはよい。と思います。

でも、いくら色をつかう、、といっても、大人が見ていても疲れてしまう位の

過度の多色つかいはどうなのな?とも思います。
(反対に小さい子どものコーナーを白黒のモノトーンでびっちり揃えるのも???ですが。)

私は、子どもコーナーや子ども部屋は、子ども自身がほっと出来る空間であるべきだと思っています。

勉強をする目的よりも、自分が自分に戻れるというか、、。どんな小さな子どもでも
「ここ私の場所だよ!!」って自慢できるような、、、。

色の明るさや見え方は、乳幼児でも、大人同様個人差があると言われていますが、
その色自体も、

全体のバランスの中での「美しい色」「調和のとれた色」でなければ、意味がないのでは

ないでしょうか。

色は人の感覚や感性に強く影響すると思います。
大人でも見ていて疲れてしまうような強い色彩は、
子どもの神経を苛立たせてしまうかもしれません。

子どものコーナーを作る時は

そこが、その子どもにとって心地いい、美しい色使いか、、

という事を考えられてもいいかと私は思います。

お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。
その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?一度学んだスキルは一生役に立ちます。
ライフオーガナイズでは、それぞれの方にあった収納方法をご提案します。

講座のお申し込み&お問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

↓応援ポチっとお願いしま~す!!

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村

[PR]
by maisondesoleil | 2014-07-25 21:59 |    ├色・インテリア | Comments(0)

子どもの勉強を見る時の親の態度

こんばんは!

今日はお片づけの話とは全く関係がありません。
でも、子どもの家庭環境のお話をしていると、脱線してこの話題になる事がとても多いのです。
なぜでしょうね。リクエストも多いので、載せておきますね。

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleil 講座内容はこちら→


夏休み、子どもさんが幼稚園年長さん位だと
「そろそろ就学前のワークでもさせてみようかしら?」と思われているお母さんも多いかもしれません。

小学生も低学年だと、夏休みの宿題も、まだまだ親が見てあげなければいけませんもんね。

そんな時、、
「もーなんでこんな問題出来ないの!!」とか
「ちゃんと書いてあるのを自分で読まないからでしょ!!」とか
「えーーーー、こんなのも解けなかったら、あんたどうすんの~!!」とかガミガミ言ってませんよねえ(笑)

いや、お気持ちはよーく分かりますよ。私も親なので、ついつい、、。

でも、ただでさえ混乱している子どもにそう言っても、効果が無いどころか、
弊害の方が多い事は、
冷静に考えるとすぐにわかる事かもしれません。

私は、結婚してから少しの間、
中学受験のための某大手進学塾の補習クラスでチューターをしていた事があるのですが、
そこでも、きっと今まで親御さんに、
そう言って、勉強させられてきたであろう子ども達を沢山見てきました。

そういう子は、

・やたらと〇を貰いたがる
・間違ったら卑屈になって、自分で書いた回答をすぐに消しゴムで消したがる
・先に正解を知りたがる。
・なんでも教えて貰いたがる(もしくは分からなければ、固まったままじっとしている)

傾向にありました。

間違ったら「なぜ間違ったのかな?これはどういう事だろう?」と
自分で考える力や発想がまるでないのですよね。

そういう子は、結局成績が伸び悩み、志望校に合格できなかった子も多かったような気がしています。
e0305098_23213472.jpg
私は子どもが小さい頃からプリントワークに慣れ親しむのは個人的には賛成しません。
勉強や学ぶ事は、小さい頃に「なぜ?なぜ?」と世の中の不思議を感じたり、
「知りたい!」
と思う気持ちがあってこそだと思うので。

でも「学習の習慣づけをしたい」と思う親御さんのお気持ちもよく分かります。

なので、せめてお子さんの宿題やワークを見てあげる時は

子どもに問題を正解する事を求めるのではなくて、
間違ったら「なるほど!この子はここがまだ理解出来ないのだな」と発見するチャンス
だったと、思ってはいかがでしょうか。

正解も、その場でお母さんがすべて教えてあげるのではなく、
ちょっとしたヒントを与えてあげたり、「なんでだろうね~」「こうしたらいいかな~」と、
さんすうの問題であれば、何か他のモノに置き換えて実際に目で見せ、手で触らせてあげるとか、
実生活で応用してみるとか、、、

間違った事を、親子で一緒に色々工夫して学ぶチャンスだ!!と考えてはいかがでしょう。

その方が、きっとこれからもっともっと賢い子どもに育っていくと思います。。

そして、何より勉強は、子どもの中で「楽しい!!」と思わなければ!

わけがわからないまま、物事を暗記して、テストでいい点を取る事なんて、
人生にとって、どれだけ意味のある事でしょうか、、ね。
そう思ったら、今、目の前の問題が1つ出来なかった事なんて、たいした事ではありません。

長い目で温かく・・・それが難しいのですけどね。。

これもあくまで個人的に・・ですが、
私は「勉強の時に、私が怒れば怒る程、娘はアホになる」と肝に銘じて
頑張って自制しております。ハハ。お互いおかあさん業、がんばりましょうね。


ブログ村登録しました!応援のポチお願いします!

にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村

お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。
その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?一度学んだスキルは一生役に立ちます。
ライフオーガナイズでは、それぞれの方にあった収納方法をご提案します。

講座のお申し込み&お問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!



[PR]
by maisondesoleil | 2014-07-25 11:00 |    ├学びと遊び | Comments(0)

夏休みの宿題を子ども仕様に・・

こんばんは!さて、今日はさらっと記事です(笑)

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleil 講座内容はこちら→


うちの娘、小学生になって初めて「夏休みの宿題」とやらを持って帰ってきたのですが、
これがまた子どもには不親切なつくりでして。。

すべての宿題が一まとめにホチキス留めしてあり、どこに何があるのか分かりにくい。
プリントの数が多いので、重くてかさばって、めくるのも大変。

なので、この宿題一式、、、子どもが使いやすいように解体しました

・こくごの宿題
・さんすうの宿題
・チェック表のたぐいのもの
e0305098_22012543.jpg
娘は最初「ひえーーー。夏休みが終わったら、ちゃんと元に直してよ~~!」とびっくりしていましたが、
使い勝手はいいようです。

・・・とまあ、たったこれだけの話なのですが、
周りに言うと、意外と反応が大きかったので載せておきます。

明日は、宿題やワークを見る時の親の姿勢についてです。
これによって、子どもが勉強好きになるか、嫌いになるか、、、が決まる?!明日に続きます・・。


お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。

その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?一度学んだスキルは一生役に立ちます。

ライフオーガナイズでは、それぞれの方にあった収納方法をご提案します。

講座のお申し込み&お問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

[PR]
by maisondesoleil | 2014-07-23 22:06 |    ├親のよりそい | Comments(0)

父の願いは孫に続く・・

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleil 講座内容はこちら→


夏休み最初の3連休は、毎年恒例の親子三代夏旅行に行ってきました!!

去年は娘の扁桃腺の手術のため中止だったので、2年振りです。今年は福井に行きました。
高原でバーベキュー→恐竜博物館へ→渡し船で北陸のハワイと言われる水島海水浴場へ。

行く先々で、生き物大好きな甥っ子と姪っ子は、あっという間になんやかんや捕まえて、、、
からっぽの虫かごが瞬時に小さい生態標本みたいな感じに、、。すご~い。。。
e0305098_23232420.jpg
7月なのに蛍がいました。

毎年夏の自由研究は、姉弟揃ってそれぞれ市に表彰されるくらいのレベルで、、。
いつも二人に寄り添って、それぞれが興味のある事にとことん付き合ってあげている、ママ(私の姉)に頭が下がります。

「自然に慣れ親しむ子どもに育てたい」がために、神戸でもわざわざ自然が沢山残っている所に家を買った、私の父。

姉は生き物に夢中になり、妹の私は植物に夢中になりました。

私は生き物は苦手~。でも、姉にしょっちゅう、沼やら池やら川やら、山やらに付き合わされました。
学校が終わったら、一足先に帰った姉が、網とバケツを持ってよく、校門の所で私を待ち構えて待っていました。
(同級生はきもちわるがって誰も付き合ってくれなかったらしいです、、。)
e0305098_23233304.jpg
姉が水場にバシャバシャ入っていって、あちこち手を突っ込んで何かを捕っている間、
私はそばで、緑を眺めながらぼけーーと空想に耽っていたなあ~。懐かしい。

父の願いは、我々姉妹へ、そして孫へも受け継がれているのですかね。

私も、姉を見習って、夏休みは娘にトコトン付き合います!!明日は夏休みの計画表の話です。


お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。

その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?一度学んだスキルは一生役に立ちます。

ライフオーガナイズでは、それぞれの方にあった収納方法をご提案します。

講座のお申し込み&お問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

[PR]
by maisondesoleil | 2014-07-21 23:27 |  ├家族のこと | Comments(0)

車のシートのシミ取り方法

こんにちは!夏休み。いきなり三連休ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

さてさて、最近は暑苦しい記事が続いていたので、今日は軽くいきますね。

その前に、、プロフィール写真のスタイリングをして頂いたシェリーさんが、ブログで私の事を書いてくれました~。
LifeStyling わーい、シェリーさんに褒められた。クローゼットの乱れは、自分の乱れ、、、ですよ。みなさん(笑)

さてさて、ここからがほんちゃんです。

夏休み、ヤレキャンプだ、お出かけだ、、で車に子どもをのせていると、いつの間にやら
車のシートに「なんじゃこれ?」というシミが出来ているって事ありませんか?

お茶?あめが溶けたの?ジュース?、、、まさかあれじゃないよね。クンクン・・・みたいな。

そんな正体不明のシミ取りには、我が家ではアルカリ電解水を使って掃除しています。

e0305098_23505561.jpg
アルカリ電解水は、汚れを直接分解するし、重曹のように乾いた後に白い粉が残りません。
なので、アルカリスプレー→ぬれぞうきんでトントン押さえる、、を繰り返しているうちに、がんこなシミも結構とれますよ!

根気はいりますけれど、、ね。


Maison du Soleil 講座内容はこちら→


お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。

その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?一度学んだスキルは一生役に立ちます。

ライフオーガナイズでは、それぞれの方にあった収納方法をご提案します。

講座のお申し込み&お問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

[PR]
by maisondesoleil | 2014-07-19 20:01 |   -時短掃除 | Comments(0)

次の世代に伝えるという事

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleil 講座内容はこちら→


今日夕方、近所の社会福祉協議会が主催している夏祭り(小さい頃、親子ひろばでいっぱいお世話になりました。ボランティアの方とも3年振りに再会!!でもすごい人でした)にいく途中、宝塚市東公民館で行われている、広島の原爆の展示会に行ってきました。

小学校で案内も貰ってきていたのですが、、ちょっと事実を間の当たりにするには、まだ小さいかな、、と思い、そのチラシも迷った末に、捨ててしまっていたのですが、、

娘の通う小学校では、生徒が鶴を折り、六年生が修学旅行で広島に行く際に、原爆の子 サダコの像にその千羽鶴を捧げるらしいです。一学期の早い段階で、どうも広島の原爆の事も一年生ながらに学校で色々学んできた様で、思考型の娘の口からは、しょっちゅう「サダコ」とか「ヒロシマ」とか「火事」とか「死ぬ」とかいう言葉が出て来ていたのでした。

その度に、私はしらっと聞き流していたのですが、とうとう先週、図書館でひろしまのピカの絵本を借りて来て、一生懸命読んでいる、、。もうそれならば、さらっとでもいいので今年から戦争についても、ちょとづつ伝えていこうかなあ、、。と思い直しました。

e0305098_22261277.jpg
展示会では、広島の原爆の惨状が描かれた絵画や、熱風で見る影もなくなった当時の品物などが展示されていて、娘に後で「こわかった?」と聞くと「こわくなかった」と言っていましたが、やっぱり寝る時「抱っこして」って言ってきました。

夏祭りでお盆の灯篭づくりをした事も、絵本に出てくる灯篭の事と重なったらしく、、これまた娘の中では、しばらくグルグルグルグル考え続けるのでしょうね。。

今まで戦争の事を子どもに伝えなければなんて、あまり意識もしていませんでしたけれど、親になるっていうのはすごい事ですね。

なんとなくのペースでいいから、今年の夏から色々伝えていこうかな。と思った一日でした。

お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。

その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?一度学んだスキルは一生役に立ちます。

ライフオーガナイズでは、それぞれの方にあった収納方法をご提案します。

講座のお申し込み&お問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

[PR]
by maisondesoleil | 2014-07-13 22:29 |  ├娘のこと | Comments(0)


家族みんなが「ほっとできるおうちづくり」兵庫 宝塚 子ども部屋片づけ ライフオーガナイザー横田ちひろです。乳幼児~学童期親子の「もっと仲良く。もっと楽。な家庭環境づくり」をサポートします!


by maisondusoleil

プロフィールを見る

メモ帳

ホームページ

お問い合わせもHPよりお気軽に!


わが家の仕組や収納は「暮らしニスタ」に投稿中!!
(2016年秋Como共催:無印良品・ニトリ・イケアの収納コンテスト銀賞)



コノビー専門家ライター



スターペアレンティング


日本ライフオーガナイザー協会

片づけ収納ドットコム

遊び込み

カテゴリ

全体
◆ホームページ
◆子どもの家庭環境保育
~物的環境~
 <遊びの環境>
   ├遊び環境・配置
   ├おもちゃ選び
   ├おもちゃ収納
   ├遊び時間のねん出
   ├遊びのアイデア
   ├絵本環境
   ├遊びの効能
   ├親の関わり
 <自立環境>
   ├声掛け・親の姿勢
   ├身辺自立
    ―子どもの片づけ
    ー着る環境
    ―食べる環境
    ーやることリスト
    ー自立環境の仕組み(収納)
   ├お手伝い
 <学びの環境>
   ├学びと遊び
   ├学習物的環境
   ├学習収納
   ├親のよりそい
   ├おこづかい
 <他>
   ├家庭環境に必要な事
   ├色・インテリア
   ├写真・思い出収納
~心的環境~
 <親子の関わり>
   ├子どもへの心がけ
   ├子どもの自己肯定感
   ├子どもの不安
   ├イヤイヤ期
   ├しつけ
   ├気質と発達段階
   ├いじめ・犯罪
 <親のセルフケア>
   ├子どもへのイライラ
   ├自分自身の整え方
   ├暮らしを楽しむ
   ├ママ友 人付き合い
◆ママの家庭環境づくり
 ├ママの時間オーガナイズ
  -時間管理
  -時短料理
  -時短掃除
 ├ママの空間オーガナイズ
  ーお片づけの考え
  ーモノを減らす・選ぶ
  ーモノの住所を決める
  ーモノの収め方を決める
  ー収納用品を選ぶ
  ーモノを収める
  ーお片づけを維持する
◆もしもの備え 病気災害
◆私の事
 ├娘のこと
 ├つぶやき
 ├家族のこと
◆セミナー案内
◆個別サービス(子ども)
 ├様子・ご感想
◆個別サービス(ママ)
 ├様子 ご感想(ママ)
◆自宅講座のご感想
◆セミナーのご感想
◆その他

最新の記事

アメブロにお引越しのお知らせ
at 2017-02-19 15:38
子どもの自立環境 やるかやら..
at 2017-02-17 23:02
子どもが自分で部屋のインテリ..
at 2017-02-16 18:38
人の「あったかさ」が身に沁みた日
at 2017-02-15 19:31
ママが自分で自分を褒める方法
at 2017-02-14 20:51
毎日の食事づくりのハードルを..
at 2017-02-13 18:07
男の子にも!<子どもが性犯罪..
at 2017-02-12 16:26
久しぶりの夫婦時間と居ないと..
at 2017-02-11 20:43
3、4歳~。反抗的になる時期..
at 2017-02-10 15:58
我が家の3年間の教科書収納の変遷
at 2017-02-09 16:17

記事ランキング

検索

ブログパーツ

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ライフログ


親と子どもの感情BOOK―感情ときちんと向き合う子どもが育つ


子どもとのコミュニケーション・スキル―子どものこころが育つ聴き方・話し方


叩かず甘やかさず子育てする方法


片づけと収納がらくになる仕組みづくり ライフオーガナイズ: もっと心地いい暮らし方


遊びとしつけ―子育てが楽しくなるコツ


遊びとおもちゃ―ディベロップメンタルトイズガイドブック

ブログジャンル

インテリア・収納
子育て

フォロー中のブログ

OURHOME
片付けたくなる部屋づくり
丘の上の家
暮らしのはこ ~思考と空...
Flower Ateli...
菜の花style。