<   2014年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

学校からのプリントの管理方法(親向け)その②

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleil 講座内容はこちら→
↑7月の追加日程決定しました。ご確認下さい。


夏休みも近づいてきて、子どもが学校から持って帰ってくるプリント類の量が多くなってきました。
以前にも書きましたが、私のそれらの管理方法は

子どもが帰ってきたその場で即座にすべてのプリント類に目を通して選別

保存の必要のないものは、その場で目を通して、即捨てる
(子ども向けのイベントの案内やほけんだよりなど)

保存が必要だけれども、そのイベントが終わった時点で破棄出来るものはクリップボードに保管
(給食のメニュー表、懇談会のお知らせなど)

長期保存が必要なものはパンチレスのファイルに保存 学校からのプリントの管理方法(親向け)参照してください。
(緊急連絡関係など)

です。
e0305098_23225476.jpg

いやいやいや~。忙しくって、子どもが帰ってきたその場で選別するのなんて無理です!!という場合は、一時保管BOXなどを作って、時間の空いた時にそれを選別するのもいいと思います。

私の場合は、「一時保管BOXに目を通さなきゃいけない書類がある、、」というモヤモヤした気持ちのまま過ごす方が、よっぽど時間の無駄なので、すぐ処理しますが、それはご家庭の事情それぞれですのでね。

人によっては「学校のプリント類はざっくりここに入れるBOX」などを作られてもいいかと思いますよ。必要なモノを探すのに時間はかかると思いますが、選別する時に時間をかけるか、探す時に時間をかけるか、それはご自身にあった方法で考えてみて下さいね。

お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。
その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?一度学んだスキルは一生役に立ちます。


講座のお申し込み&お問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

[PR]
by maisondesoleil | 2014-06-30 23:30 |    ├親のよりそい | Comments(0)

家電製品の説明書の保管方法

こんばんは!今日は久しぶりにな~にもない日曜日でした。がっつり昼寝しました。でもまだまだ眠いのだ。

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。
Maison du Soleil 講座内容はこちら→

んっ、さてさて、今日は我が家の「家電製品の取り扱い説明書の保管方法」についてです。

こんな感じ~。家中の家電の説明書は、すべてここに一括管理です。
e0305098_23251444.jpg
100均で売っているポケットファイルに、説明書を1ポケット=1説明書という具合に差し込んでいます。がっ!ここがポイント。

●説明書大もの ●説明書小もの に分けています。家中の説明書って集めると結構な数があるので、

●大もの・・・・両手で抱えきれない位大きいもの・重いもの(洗濯機とかクーラーとか)
●小もの・・・・抱えきれるもの(時計とかフードプロセッサーとか)

という、すこぶる「自分ルール」でファイルを分けています。でも、これ結構便利です。大量の説明書を2分するだけで、探す時の手間が減ります。

収納やファイリングは、お母さんが管理している所は、基本的には「自分が使いやすいルール」(理想を言えば、家族にも分かりやすく、、ですが、、)でいいと思いますよ。


お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。
その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?一度学んだスキルは一生役に立ちます。

講座のお申し込み&お問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください

このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

[PR]
by maisondesoleil | 2014-06-29 23:29 |   ーモノの収め方を決める | Comments(0)

下着は何枚?

こんにちは!今日は両親とランチ→パパの夏服を買いに出かけていました~。バーゲン中だったので、なかなかいいのが安くて買えました。それにしてもバーゲンってどんどん時期が早まってません?!

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。
Maison du Soleil 講座内容はこちら→

あっ、さて、結構聞かれるので書いてみます。それは「下着って何枚ありますか?」
んまあ!赤裸々質問です!

んんんーーーとですねえ。パンツは私は一週間分用意しています(つまり7枚)毎日洗濯しているので、旅行に行く事を考えても本当は4枚位で回せるはず。しかも沢山揃えて楽しむ趣味もありません。それなのに、あえて7枚。。なぜ~?

うちの収納を見て下さった方からは、よく「必要最小限のモノ+アルファ」しか置いていませんよね、、。と言われるのですが、パンツの場合はその+アルファが、つまり+3枚という事。。。なぜ?ですよね。
e0305098_21443246.jpg

それは、、家族や自分の不慮の入院に備えるためです!

不思議でしょーー。でも、私、突然の入院(子どもの入院の付き添いも含む)で慌てふためいた事が人生の中で何度もあるのです。

他のモノは足りなっても「買ってきて、、」とか頼めるのですが、下着だけは「買ってきて」とあまり人に頼めなくて、、(特にパンツは)+3枚は自分の安心保険のために、ずっと「新品」のまま置いているという訳です。それに入院中はキレイな下着をつけてる方が、ちょっとテンションが上がる!!という私。突然の病気で、気が付いたらベッドに寝た切り状態だった、、、という事も経験しての考えです。

こういうのって、事情も、考え方も、ほんと人様々ですよね。

一応聞かれたので書いておきます。さすがに私のパンツの写真を載せる訳にもいかず、、お花の写真でも載せておきまーす!

お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。
その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?一度学んだスキルは一生役に立ちます。

講座のお申し込み&お問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム

(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください
このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!
[PR]
by maisondesoleil | 2014-06-28 21:53 |   ーモノを減らす・選ぶ | Comments(0)

お母さんのためのお片づけ講座 ご感想

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。Maison du Soleil 講座内容はこちら→

今日は「お母さんのためのお片づけ講座」でした。頂いたご感想です。

M様

お片づけという興味深い分野の講座で楽しかったです。
脳タイプがあって、片づけ方が違ったり、自分のタイプによって、このようにお片づけした方がいい・・などとやり方がわかってよかったです。

収納もいいのですが、オシャレな部屋づくりなどの講座もあればいいと思います。今日のような子どもの話も交えたお片づけ講座があればいいなと思います。

Y様

お片づけをするという行為が、脳のタイプによって違うというところがとても興味深くて楽しかったです。

インテリア等のオシャレな空間づくりが知りたいです。

e0305098_17103471.jpg

おもしろいですねーーー。

今日初めてお知り合いの二人なのに、、、頂いたご感想の中身がかぶっています。不思議。

講座内では、インテリアのお話なんて、私していません。ですが、今日のお二人は、お片づけの先の「理想の暮らし」のイメージの中に「理想のインテリアで過ごす」という事が、お二人ともきっと偶然入っていたのでしょう、、、。

「お母さんのためのお片づけ講座」では、お片づけのノウハウをお伝えする前に「思考の整理」をしていただくのですが、それによって出てくる「思い」みたいな事が、今日の場合はインテリアに繋がったのだと思います。

私はインテリアのプロではありませんが、今日は講座後のお茶の時間に、オシャレな空間を作るための効果的なテクニックのお話もさせて頂きました。また、お二人とも、お子様がいらっしゃる環境だったので、今日はお子様との関係と家庭の空間づくりのお話も少しさせて頂きました。

Maison du Soleilの講座は、そんな風に、参加される方のタイプや、ご興味のある事によって、その都度内容を変えて、私の方からお話する様にしています。(当日講座内で出てくるご質問や、お話によって、その場で内容を変更しています)

多忙なお二人でしたが「夏休みまでに一か所必ず片づけます!!」と宣言されて帰られました。ぜひ頑張って下さいね~。

私だって、自分のあった講座内容を聞きたいわ!!という方 ↓

お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。その方法をぜひ
Maison du Soleilの講座で体系的に学んでみませんか?一度学んだスキルは一生役に立ちます。

講座のお申し込み&お問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!


[PR]
by maisondesoleil | 2014-06-26 17:11 | ◆自宅講座のご感想 | Comments(0)

親の気持ちを表現する

さて、久しぶりに今日は親子の話です。

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。


Maison du Soleil 講座内容はこちら→
↑7月の追加日程決定しました。ご確認下さい。


優しくって、真面目なお母さん程、あまりにも「いい母親でいよう」「子どものすべてを受け入れよう」って頑張って。でも、そんな事は当然出来なくて、すごく苦しんでいる人が多い様な気がします。

自分は大人だから、親だから。相手は子どもだから、子どもって我儘なものだから。

「大人の自分の方が我慢しなきゃいけない!」そんな風に囚われて、子どもとの関係で「日々ストレスを感じている事」とか、「どうしてもこれをやられると嫌」と思う事でさえも、ぐっと言わずに我慢しちゃう。。

そのちょっとした我慢のイライラが、いつの間にか湾曲した「怒り」になって、知らない間に四六時中怒っているお母さんになってしまう。ちょっとしたきっかけで、子どもに逆切れしてしまう。

なぜ?

こんなはずじゃなかったのに。・・・

それでまた自己嫌悪に落ち込む、、、。その繰り返し。。悪いスパイラルから抜け出せない。子どもとの距離がどんどん広がっていくのが、本当はツライ、、、。

私もずっとその悪のスパイラルから抜け出せなかったので、気持ちはすごく分かります。
でもある時、そこから抜け出せました。

それは、、、自分の気持ちを子どもにちゃんと表現するようになったからかな。

「ママはそんな事をされたら嫌だ」「ちゃんと早くご用意をしてほしい。だって朝は時間がないんだよ。だからママ怒っちゃうんだ。どうしたらいいか、二人で考えてみない?」 
・・・そんな風に

「ママは今こんな風に嫌な気持ちでいるよ」

「それはこういう理由でだよ」

という事を、自分がイライラし出したなーーと思ったら、その感情を自分の中でため込む前に(つまり逆切れする前の、まだ冷静な状態の時に)、そのイライラしている現状と原因だけを、落ち着いて、目を見ながら子どもに伝えてきました。
そりゃーーー100%じゃありませんけどね(-_-;)時には感情にまかせて、うりゃー!ええ加減にせいっ!って言ってしまう時だってもちろんあります。

そうすると、子どもも「へーーーー」って、私の話をちゃんと聞いてくれるようになり「自分でも頑張ってみるね」とか「ママの気持ち分からなかった。ごめんね」とか言ってくれたりするようになりました。

「お母さんが自分の正直な気持ちを表現したら、きっとラクになるかも」
e0305098_21371689.jpg
でもね。そう言っても「それでも出来ない」というか難しいと感じる人も多いと思います。

「主婦なんだから子育てくらいはちゃんとしないと」「不妊治療を経てやっと授かった子どもだから、、」「自分が母親に怒られて育ってきたから、絶対に自分はいいお母さんになりたかった」。。等々、、色んな問題があって、色んな心の葛藤があって、どうしてもそれが出来ないお母さん達を、私もいままで沢山見てきました。

じゃあ、こんな風に考えてみたらどうでしょう?あくまで私の一意見ですが、、。

お母さんが自分で自分の気持ちを落ち着かせたり、自分の気持ちを表現しないでいると、子どももそういう事をしなくなるのでは?

最終的にお子さんにどんな事を望みますか?

って聞いてみると、たいていの人は「自分の好きな事を伸び伸びとして欲しい」とか「いろんな経験や体験をして楽しい人生を過ごして欲しい」とかおっしゃる。

でも、そのためにはやっぱり「自分の気持ちをちゃんと表現する」って、大切な事なんじゃないでしょうか。

人って誰かとかかわらないと生きていけないと思うんですよね。コミュニケーションが不器用なまま、将来大きくなって、果たしてどんな大人になるのか、、、。湾曲した感情がお互いぶつかりあって過ごす、親子の時間が長ければ長い程、子どもはどんな風に育ってしまうのか、、。

こういう風に言うのって、我ながら嫌――な言い方だと思います。
でもね、そんな風に考えてみると、「お母さんが自分の気持ちを表してみる」っていう事は、子どもが人として生きていくための大切な機会を与えるっていう事に繋がるんじゃないかなー。なんて思うのですよね。

だから、親だから。大人だから我慢しなくちゃいけない。って、もうこれ以上、自分で自分を縛らなくていいと思いますよ。

それに、そんな風についつい考えてしまう、優しいお母さんは、絶対に大丈夫だと私は思います。

今、子どもと揉めにもめて苦しい思いをしていても、根本的には、いっぱいいっぱい子どもの事が好きなんですよ。ちゃんと子どもの事を本当は考えて、愛している人ばかりだと思うのですよ。

だから、必ず必ずその関係は、これからちゃんと修復出来るんじゃないかなって私は思います。・・・よ。


お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。
その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?一度学んだスキルは一生役に立ちます。


講座のお申し込み&お問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!
[PR]
by maisondesoleil | 2014-06-25 22:09 |    ├子どもへのイライラ | Comments(0)

アクセサリーの収納

こんばんは!
お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleil 講座内容はこちら→
↑7月の追加日程決定しました。ご確認下さい。


私はあまりアクセサリーは多く持っていません。

それに、アクセサリーは選ぶお洋服に合わせてコーディネートしたいので、ものすごい細かいモノを除いては、たいていこのクローゼット内に100均グッツ(ワイヤーとS字フック)を使って作ったアクセサリー置き場に置いています。ほらこんな風~。DIY大嫌いな私でも釘くらいは打てます。
e0305098_23474081.jpg

収納する場所がないわーとお困りの方も、家の中の「隙間の空間」をうまく見つけると、便利な場所に収納する事も出来ますよ。

細かいアクセサリーの収納については、また別の日にお知らせしますね!(最近ちひろさんったら、やたら勿体ぶるよねー!と文句が聞こえてきそうですが、、(-_-;)


お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。
その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?一度学んだスキルは一生役に立ちます。


講座のお申し込み&お問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!
[PR]
by maisondesoleil | 2014-06-22 23:48 |   ー収納用品を選ぶ | Comments(0)

賢い子どもって?

こんばんは!連日暑いですね。

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleil 講座内容はこちら→
↑7月の追加日程決定しました。ご確認下さい。


さて、皆さんは子どもに「賢く」なって欲しいと思っていますか?

「子どもの家庭における環境保育+子どものお片づけ講座」に関してお母さん達とお話していると、「子どもを賢くするにはどうすればいいですか?どんな環境を整えて、親は何をすればいいですか?」と聞かれる事がしょっちゅうあります。

じゃあ「賢い子ども」ってどんな子どもですかねえ。

私立の小学校なり、中学校に受験させたいとおっしゃるお母様も多いです。でもお話を伺がっていると「最終的に子どもに期待すること」が曖昧な方が多いです。それが曖昧なまま、ペーパーのワークを闇雲にやらせようとしたり、小手先の受験ノウハウみたいなモノばかりに目がいってらっしゃる方が多い。(もちろん、そんな方ばかりではありませんが)

いい学校に行って欲しい。
いい大学に行って欲しい。
いい会社に就職して欲しい。

・・・で?・・・いい大学に入って、まぐれでいい会社に入ったとしても「自分で考える力」の無い人はどうなりますかね。

賢いっていうのは、地頭が良くないと本当に賢いって言えないと思います。

自分で考えて、自分で選択して、自分で責任を取る力。

それを促す鍵は、子どもがものすごく小さい頃からの親子間のコミュニケーションのあり方にあると私は思っています。
e0305098_2363582.jpg

そして、オーガナイザーとして、そのあたりを環境面からお伝えするのが、Maison du Soleilの「子どもの家庭における環境保育+子どものお片づけ講座」の目的の一つです。

お子さんための家庭環境をお母さん自身が考え、整えてあげる事は、親子のコミュニケーションに繋がっていると私は信じています。

今日も私、言いたい事を言ってますけど、すみませんねえ。皆さんが、お母さんとして思い描く「賢い子ども」ってどんな子ども?でしょうかね。

お母さんご自身の手でおウチを整えると、家族がHAPPYになります。
その方法をぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?一度学んだスキルは一生役に立ちます。


講座のお申し込み&お問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!
[PR]
by maisondesoleil | 2014-06-21 23:10 |    ├学びと遊び | Comments(0)

移動して勉強する子どもの収納②

なんだかひんやりする一日ですね。今日は久しぶりにライフオーガナイザーの同期に会いに行ってきました。方向性は違いますが、前進しようとしている者どおし。同期やライフオーガナイザーに限らず、前向きな人と会うのは刺激になるし、何より楽しいです。

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleilで 受講して頂ける講座はこちら→
↑7月の追加日程決定しました。ご確認下さい。


すみません。引っ張った昨日のネタの続きです。移動して勉強する子どもの収納①

さて、本題の、まるで遊牧民のように移動してあちこちで勉強するお子さんをお持ちのお母様から、

なんとかコンパクトに勉強道具を持ち歩き出来る収納グッツは無いですか?

とお問い合わせを頂いていたのですが、、
(そうでなければ、あちこちに文房具やら参考書やらが置きっぱなしになるので、最終的には自室にちゃんとそれらを戻すようにお子さんを促したいとのリクエストで、、)

こんなの如何ですか?ベルメゾンで見つけました。その名も持ち運べるBOX(←リンク貼っています)

画像お借りしています。
e0305098_19485228.jpg

これ、文房具も入れてセット出来るし、中身は見渡せるし、何より小さいお子さんには持ちやすい取っ手がついているのがいいですよね。

今までいいものが見つけられず「必要なモノをカバンに入れさせています」とか「マガジンラックを持ち歩いています」とかお聞きしていたのですが、これだとそのまま収納も出来るので、いいかもしれません。


Maison du Soleil お問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!
[PR]
by maisondesoleil | 2014-06-18 19:54 |    ├学習収納 | Comments(0)

移動して勉強する子どもの収納①

入学してからずっとダイニングテーブルで勉強をしていた娘、、最近、リビングに隣接している自室の学習机で勉強をする事が増えてきました。

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleilで 受講して頂ける講座はこちら→
↑7月の追加日程決定しました。ご確認下さい。


今までお片づけ講座を受けて下さった多くの方から「子どもがまるで遊牧民のように家中のあちこちで勉強する」というお話を伺ってきました。

わが娘も然り、、。

もともと勉強に限らず、子どもや家族が家の中をグルグル回って、あっちこっちで寛ぐのっていいな、、と私は思っていて、我が家は76平米の狭いマンションなのですが、ちょっとした椅子や机やラグマットを置いて、「なんとなく家の中でほっとできるコーナー」をあちこち意識的に作ってきました。

でもそれは、私が感覚的にやっていた事で、そういうのって専門的に(建築学とか住居学とかの分野で)何か意味があるのかな?と思っていたのですが、最近になって建築家の渡邊朗子さんが著書の中でその事を「回遊性」「ノマド=遊牧民」と書かれているのを見つけて、、なるほど。。と妙に納得したのでした。

子どもは家族の気配を感じながら、自室という自分だけのターミナルだけではなく、ノマド=遊牧民のように色々な場所を覗き、探索する事で感性や思考を育む。それに必要なのが家の風通し=回遊性だそう。

(これについては、Maison du Soleilの子どもの家庭における環境保育+子どものお片づけ講座で詳しくお話します)
e0305098_16273446.jpg

という事は話が戻りますが、「子どもが遊牧民のようにあちこちで勉強する」環境というのは、子どもにとって、その家が「風通しがいい」のであって、いい事なんじゃないでしょうか。(自室がぐっちゃぐちゃで、、と言う子も多いかもしれませんが、それはそれでまあ、、、)

で、本題の「移動して勉強する子どもの収納」については、、スミマセン。長くなったので明日に続きます。

Maison du Soleil お問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!
[PR]
by maisondesoleil | 2014-06-17 16:29 |    ├学習収納 | Comments(0)

お母さんの家庭環境づくりご感想(個別サービス実作業)

お片付けと整理から「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

Maison du Soleilで 受講して頂ける講座はこちら→
↑7月の追加日程決定しました。ご確認下さい。

連日に渡るサービスのレポートですが、最後に頂いたご感想を掲載させて頂きます。

~以下、ご感想です~

先日はお片づけサポートをありがとうございました。
あれから数日経ちましたが、キッチンでの動作が明らかに楽になりました。

今まで食事の用意の度に、あっちに向いたりこっちに向いたりと、くるくる動いていたんですね。
サポートを受け、配置を変えてもらった事で、調理や後片付けの時間が早くなった気がします。

家事の仕方や、片づけ方には、自分の思い込みや癖などが知らぬ間に詰め込まれているものなんですね。なんとなく置いた場所が定位置になってしまっていたり、本来吊り下げる必要のないものを、ずっと窓際につりさげていたり。。

ちひろさんに来て頂いたことで、自分の片づけの癖のようなものに気づくことができました。
e0305098_9371533.jpg

       子どもたちが自分でコップやお箸を出せる位置に、、

また、キッチンのモノを一旦すべて出して、空っぽにするという大胆?!な行為も、今回の機会がなければ、おそらく一生なかった事でしょう。鍋や食器、その他諸々のキッチン用品すべてを目の当たりにしたことで、自然と不用品の選別もしやすくなった気がします。

今回のサポートを機に、家の中全体も、もっと快適に、くつろげる家にしたいと思いました。また、今までなんとなく自分には「無縁」だと思っていたこのようなサービスを、身近に感じる事が出来ました。

子どもが小さいうちに、このようなサービスに出会えて、本当によかったです。ありがとうございました。

K様、こんなに丁寧なご感想を頂いて感謝です!!Maison du Soleiへlのオーガナイズサービスをご利用頂き、こちらこそ本当にありがとうございました。(^O^)

Maison du Soleiの講座を受講して頂いた方に個別サービスをご準備しております。
詳しくはこちら→★からご確認下さい。お問い合わせだけでも構いませんので、ご興味のある方はお気軽にご連絡下さいね。

Maison du Soleil お問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!
[PR]
by maisondesoleil | 2014-06-16 18:24 |  ├様子 ご感想(ママ) | Comments(0)


家族みんなが「ほっとできるおうちづくり」兵庫 宝塚 子ども部屋片づけ ライフオーガナイザー横田ちひろです。乳幼児~学童期親子の「もっと仲良く。もっと楽。な家庭環境づくり」をサポートします!


by maisondusoleil

プロフィールを見る

メモ帳

ホームページ

お問い合わせもHPよりお気軽に!


わが家の仕組や収納は「暮らしニスタ」に投稿中!!
(2016年秋Como共催:無印良品・ニトリ・イケアの収納コンテスト銀賞)



コノビー専門家ライター



スターペアレンティング


日本ライフオーガナイザー協会

片づけ収納ドットコム

遊び込み

カテゴリ

全体
◆ホームページ
◆子どもの家庭環境保育
~物的環境~
 <遊びの環境>
   ├遊び環境・配置
   ├おもちゃ選び
   ├おもちゃ収納
   ├遊び時間のねん出
   ├遊びのアイデア
   ├絵本環境
   ├遊びの効能
   ├親の関わり
 <自立環境>
   ├声掛け・親の姿勢
   ├身辺自立
    ―子どもの片づけ
    ー着る環境
    ―食べる環境
    ーやることリスト
    ー自立環境の仕組み(収納)
   ├お手伝い
 <学びの環境>
   ├学びと遊び
   ├学習物的環境
   ├学習収納
   ├親のよりそい
   ├おこづかい
 <他>
   ├家庭環境に必要な事
   ├色・インテリア
   ├写真・思い出収納
~心的環境~
 <親子の関わり>
   ├子どもへの心がけ
   ├子どもの自己肯定感
   ├子どもの不安
   ├イヤイヤ期
   ├しつけ
   ├気質と発達段階
   ├いじめ・犯罪
 <親のセルフケア>
   ├子どもへのイライラ
   ├自分自身の整え方
   ├暮らしを楽しむ
   ├ママ友 人付き合い
◆ママの家庭環境づくり
 ├ママの時間オーガナイズ
  -時間管理
  -時短料理
  -時短掃除
 ├ママの空間オーガナイズ
  ーお片づけの考え
  ーモノを減らす・選ぶ
  ーモノの住所を決める
  ーモノの収め方を決める
  ー収納用品を選ぶ
  ーモノを収める
  ーお片づけを維持する
◆もしもの備え 病気災害
◆私の事
 ├娘のこと
 ├つぶやき
 ├家族のこと
◆セミナー案内
◆個別サービス(子ども)
 ├様子・ご感想
◆個別サービス(ママ)
 ├様子 ご感想(ママ)
◆自宅講座のご感想
◆セミナーのご感想
◆その他

最新の記事

アメブロにお引越しのお知らせ
at 2017-02-19 15:38
子どもの自立環境 やるかやら..
at 2017-02-17 23:02
子どもが自分で部屋のインテリ..
at 2017-02-16 18:38
人の「あったかさ」が身に沁みた日
at 2017-02-15 19:31
ママが自分で自分を褒める方法
at 2017-02-14 20:51
毎日の食事づくりのハードルを..
at 2017-02-13 18:07
男の子にも!<子どもが性犯罪..
at 2017-02-12 16:26
久しぶりの夫婦時間と居ないと..
at 2017-02-11 20:43
3、4歳~。反抗的になる時期..
at 2017-02-10 15:58
我が家の3年間の教科書収納の変遷
at 2017-02-09 16:17

記事ランキング

検索

ブログパーツ

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ライフログ


親と子どもの感情BOOK―感情ときちんと向き合う子どもが育つ


子どもとのコミュニケーション・スキル―子どものこころが育つ聴き方・話し方


叩かず甘やかさず子育てする方法


片づけと収納がらくになる仕組みづくり ライフオーガナイズ: もっと心地いい暮らし方


遊びとしつけ―子育てが楽しくなるコツ


遊びとおもちゃ―ディベロップメンタルトイズガイドブック

ブログジャンル

インテリア・収納
子育て

フォロー中のブログ

OURHOME
片付けたくなる部屋づくり
丘の上の家
暮らしのはこ ~思考と空...
Flower Ateli...
菜の花style。