カテゴリ:    ー着る環境( 12 )

子どもが自分で体温調節!アウター置き場づくりのコツ

毎年この季節になると、このネタを書いているので、リライトになりますがよかったら。

家庭環境保育(とは?→環境は人を育みます。「おうち環境」を整えて、親子はもっと楽に、もっと自分らしく。 兵庫宝塚の家庭環境オーガナイザー 横田ちひろです。はじめましての方はコチラをご覧ください

こういう環境は、子どもの「やりたい!」タイミングで、その力を思う存分発揮できる仕組を親が用意出来たら、いいですね(^^♪

記事内にも書いていますが、自分で選べる小さな自信って、子どもが成長していく上で、とっても大切だと私は思っています。そのための親の姿勢は、いわば「黒子」みたいなものでしょうか?(*´▽`*)
e0305098_22031616.jpg
これは本当に簡単に真似できるかと思うので、よかったら参考になさってくださいね。壁かけに抵抗がある方は、ポールハンガーや、クローゼットの一部に専用の場所を用意されてもいいかと思います(^o^) ポイントは、お子さんの成長に合わせて、お母さんが選択肢を調整してあげる事かと思います。

記事はこちら「暮らしニスタ」から↓


ランキングに参加しています。
↓1日1クリックして下さると嬉しいです♪

にほんブログ村

🏠Information🏠
わが家の仕組づくりについては「暮らしニスタ」に投稿中!

<開催決定>
11月25日(金)スターペアレンティング勉強会 「感情を認める」定員4残2
12月9日(金)子どもの家庭環境保育講座(学童期バージョン)in 自宅 定員2残1

自宅講座・個別サービス空き日程>
ご新規の方のお申込みは、現在2017年1月~になります。日程はお気軽にお問合せください。
お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください)

↓サービス・講座内容の詳細はこちら





Maison du Soleil 横田ちひろ

ライフオーガナイザー
スター・ペアレンティング ファシリテーター
おもちゃ・子育てアドバイザー

[PR]
by maisondesoleil | 2016-11-10 22:07 |     ー着る環境 | Comments(0)

わが家の衣替えの仕組~子どもが身に着けるスキルを奪わない~

急に肌寒くなりましたね。今日は子どもの服の衣替えをしました。

子どもの家庭環境保育(家庭環境保育とは?→環境は人を育てます。「家庭環境」を整えて、親子はもっと楽にもっと楽しく!ママが「楽に」なり、子どもがのびのび育つお家の仕組づくり。Maison du Soleil HP 兵庫宝塚の家庭環境オーガナイザー 横田ちひろです。はじめましての方はコチラをご覧ください

子どもが気温の変化によって着る洋服を変え、体温を調整したり、季節によって洋服を変えTPOを考える事は、かなり難しい「スキル」です。なので、毎年わが家の衣替えは、子どもの小さい頃から、親子で一緒に行う様にしてきました。今は上手に、ほとんど自力で衣替えをする娘ですが、本当に小さい頃は、私が話しながら衣替えする光景を、側で見せたりもしていました。

まずタンスから今着ている服を全部出します。
e0305098_20072926.jpg
それを「タンスに戻す」「押入れにしまう」「まよう」「手放す(すてる・あげる・売る)」に分けます。タンスに戻すアイテムは、今ですと、ぶ厚めのTシャツなど。夏も着ていたけど、まだ秋口にも着れるアイテム。

e0305098_20080752.jpg
わが家ではタンス近くの押入れに衣替えの棚を置いているので、「押入れにしまう」はノースリーブなど真夏のアイテムで、また来年着られるサイズのものです。
e0305098_20130624.jpg
タンスの中のアイテムを全部分けたら、今度は押入れの衣替えの棚から、秋に着れそうなアイテムを選び、「タンスに戻す」の場所に置いていきます。「まよう」には、余ったスペースがあれば、出来ればタンスに入れておきたい、秋が深まった時に必要な、少しぶ厚めのパーカーなどを置きます。
e0305098_20123541.jpg

それが終わったら、「タンスに戻す」アイテムをせっせと、自分が使いやすい方法で収めていきます。最終的にスペースに空きがあれば「まよう」アイテムも入れます。空きがなければそれらのアイテムは押入れに戻します。
e0305098_20103275.jpg

完成!!洋服を畳むのがめんどうな娘の、くるくる収納完成です!

e0305098_20151853.jpg
この過程を、親子で「これとこれの組み合わせはカワイイね♡」「ちょっと寒い時はこれを合わせると便利だね!」「これとこれは、一緒に置いた方が分かりやすくない?」などと楽しくお話しながら行います。私も小さい頃、こうやって親と一緒に衣替えするのが楽しかったな~。

手間なし衣替えの仕組を考えるのもいいですが、そのために子どもが身に着けるべきスキルを、知らない内に奪ってしまわない様、お片づけ好きなお母さんは十分注意して下さいね♪

お片づけが苦手なお母さんは、ぜひお子さんと一緒に試行錯誤してみて下さい。完璧なお母さんより、その方がよっぽどお子さんのスキルのためにはいいので、自信を持って!!


ランキングに参加しています。
↓1日1クリックして下さると嬉しいです♪

にほんブログ村

🏠Information🏠

10月18日(火)空間が変われば家族が変わる セミナー in 滋賀守山
11月4日(金)コープカルチャー宝塚「タイプ別!無理なく続ける片づけ法」

わが家の仕組づくりについては「暮らしニスタ」に投稿中!
自宅講座・個別サービスの10月、11月、12月のお申込み可能枠は、各月残り1枠となっております。お気軽にお問い合わせ下さい。

↓サービス・講座内容の詳細はこちら

お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください)



Maison du Soleil 横田ちひろ

ライフオーガナイザー
スター・ペアレンティング ファシリテーター
おもちゃ・子育てアドバイザー

[PR]
by maisondesoleil | 2016-09-19 20:28 |     ー着る環境 | Comments(0)

子ども服の管理  衣替えも子どもが自分で

今日は一日雨でしたね。暑かったり、少し肌寒かったり、5月は着る服に迷う季節です。

子どもの家庭環境保育(家庭環境保育とは?→「家庭環境」を整えれば、親子はもっと仲良く楽になれる!Maison du Soleil HP 兵庫宝塚の家庭環境オーガナイザー 横田ちひろです。はじめましての方はコチラをご覧ください

そんな今日は、お古で頂く洋服が多い、我が家の子ども服の管理方法をお伝えします。

①現在着ているもの

今の季節は薄手の長Tや羽織りものの下に着れるTシャツなど、組み合わせがしやすい合い服中心です。子ども部屋のタンスの下段にすべてのアイテムが見渡せるように入っています。

e0305098_11021298.jpg
e0305098_11034839.jpg
②次の季節(今なら夏)に控えているストック服

e0305098_11043037.jpg
タンクトップやワンピースなど。こちらは、タンス横にある押入れに収納しています。位置関係でいうとこんな感じ。
e0305098_11065406.jpg
引き出しの手前部分、一番取り出し安い箇所に収納。
e0305098_11061627.jpg
③合い服だけど、今着るとちょっと暑いアイテム
e0305098_11102812.jpg
先ほどの夏ものの引き出しの奥部分へ収納。秋にまた取り出しますからね。
e0305098_11133384.jpg

④完全な冬物のストック品

モコモコ温かアイテム。厚手のニットなど。夏物の引き出しの隣に。
e0305098_11115852.jpg

こうしておけば、今からですと、夏が近づくにつれて気温の変化に伴い、娘自らタンス⇒引き出し 引き出し⇒タンスへ、衣替えをしてくれます。そのためにも、

・ストック品は季節ごとにざっくり分け、在庫が一目で見渡せるように管理。
・次に来る季節のストック品は、引き出し手前の取り出しやすい位置に。

・ストック品は必ず着るものだけを保管。お古はもらったその場で残すか残さないかを判断する。
・ストック品はここに入るだけしか持たない。

・子ども部屋のタンスには、季節に合わせて、今着れるアイテムだけを入れる事を守る。

という仕組を作っています。こうすると、タンスの中にあるアイテムが季節に合わなくなってきたら、娘は自分でごそごそと押入れの引き出しを覗いて、1枚ずつ中身を交換しながら入れています。

でもこれ、仕組的には結構難しいし、オシャレにある程度興味がある女の子だから出来る事でしょうか・・・ね(^▽^;)

私的には、子ども服の管理で一番大切なのは、どんな仕組だろうと、持っている服の在庫がすぐ確認出来る!という事だと思っています。そうであれば、うちみたいに、スペースの問題で割と大掛かりに衣替えをしなきゃいけない仕組でも、それがたやすいですし、足りないアイテムは予めバーゲンの時に安く買ったりも出来ます。

在庫がすぐ確認出来ない位の子ども服をお持ちで、お母さんも管理しきれず、衣替えの度に親御さんの方がへとへとになったり、それがイライラの原因になっていたり、お子さん自身もお洋服があり過ぎて、持っている服を全然着まわせていない!という方は、

服の量とそれを管理する時間+労力+スペース


のバランスを考えて、その服が本当に全部必要なのかどうか?を一度考えてみられるといいかと思います。
とはいえ迷います~!!と言われる方は、子どもの家庭環境保育実作業をどうぞ!一緒にお子さんの衣替えの仕組づくりを考えますよ♪6月~の日程で調整させて頂きます。


ランキングに参加しています。
↓1日1クリックして下さると嬉しいです♪

にほんブログ村

🏠Information🏠

6月1日(水)子どもの個性と成長にあったおもちゃ収納 セミナー
他、5月末までのすべてのサービスは満席のため受付終了致しました。
6月以降は承っております!お気軽にお問い合わせ下さい。


↓サービス・講座内容の詳細はこちら

お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください)



Maison du Soleil 横田ちひろ

ライフオーガナイザー
スター・ペアレンティング ファシリテーター
おもちゃ・子育てアドバイザー

[PR]
by maisondesoleil | 2016-05-10 22:42 |    ー洋服環境 | Comments(0)

子どもが自分で洋服をコーディネート 林屋パー子時代は長かった~

娘が今「喉が痛い~」と嘆いています。アララです。さっきから熱が出てきました。

子どもの家庭環境保育(家庭環境保育とは?→「おうち環境」を整えれば、親子はもっと仲良くなれる!Maison du Soleil HP
兵庫宝塚の家庭環境オーガナイザー 横田ちひろです。
はじめましての方はコチラをご覧ください

今、家族の中で元気なのは私だけです。娘はインフルエンザではありませんよーに。
午前中は元気してましたのに、子どもって急にガクっと調子が悪くなりますね。(って私がよく見ていないだけでしょうか?)

朝は近くのモールに娘の服を買いに行っていました。
e0305098_16254422.jpg
小学生女子。私の「これいいんじゃない?」はほとんど聞きません。
「春だから明るい色が着たい」っていいながら、もうピンクとかは全く興味無し!(サーモンピンクなんてカワイイのに~)

娘が自分で服を選んで着だしたのは、2歳半位からだったでしょうか?
e0305098_16324568.jpg
洋服の色やデザインに興味を持ち始めたタイミングで、タンスのこの箇所に、季節の服がすべて見渡せるように並べた事がきっかけです。これで、トップスから靴下までの全身を、自分でコーディネートするように。自分で選ぶ服の組み合わせは、最初悲惨でしたけどね・・・(;'∀')

でも「子どものやりたい!を受け入れるおうち環境」って大切なんだな。と、当時の私は思ったものです。幼稚園も私服だったし、2年位、毎日毎日ほぼ全身ピンクの、林屋パー子だった時代が、今では懐かしい~。

大きくなるにつれて「スカートのこの色と、トップスの柄のこの色は似てるから、合わせると可愛いよ!」そんな風に声掛けしたりしてきました。それも、もうあまり聞いてくれないので、子どもが大きくなるのは早いな~。と思います。

温かい週末ですが、皆さんも風邪&インフルエンザには気を付けてお過ごしくださいね・・


ランキングに参加しています。
↓1日1クリックして下さると嬉しいです♪

にほんブログ村

🏠Information🏠

4月末までの個別サービスはご予約満席のため終了致しました。
自宅講座は4月もご予約可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。


↓サービス・講座内容の詳細はこちら

お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください)



Maison du Soleil 横田ちひろ

ライフオーガナイザー
スター・ペアレンティング ファシリテーター
おもちゃ・子育てアドバイザー

[PR]
by maisondesoleil | 2016-02-27 16:45 |  ―着る | Comments(0)

子どものアウターの置き場所 自分で体温調節

この週末、いいお天気ですね。

昨日は娘の小学校のお祭りのお手伝いに行ったり、
お昼からは、お友達が出店している手作り市を覗きに行ったり。

今朝は、家族で散歩がてら、園芸やさんをのぞいた足で、神社にお参り。
近所にOpenしたコーヒー屋さんで店員さんとお喋りしたり。

なんでもない週末を、のんびり過ごしております。

子どもの家庭環境保育。
「おうちの環境」を整えれば、親子はもっと仲良くなれる!

みなさんの「おうち」は家族が一番安らぐ場所ですか?

宝塚の家庭環境オーガナイザー 横田ちひろです。

子どもにとって、安心&安全なおうち。個性と成長にあったおうち。
「そこに居てもいいんだよ」と自分を、そのまま認めて貰えるおうち。
それが整えば、子どもは自らの力で成長していきます。

ライフオーガナイズ、スター・ペアレンティング(親子のコミュニケーションスキル)、
遊び込み技法で、乳幼児のご家庭の「心地いい」環境づくりをお手伝いします。


そんなお出かけが多いこの季節、
気温の寒暖も、なかなか激しいですよね。
お天気の日は少し暖かかったり、雨の日は冷えたり。

そんな中、我が家では玄関に、娘用のアウターを3種類用意しています。

・水色 薄手のナイロンジャンパー
・花柄 キルティング
・ピンク ユニクロのヒートテックジャンパー

毎日の気候や、その日着ている洋服に合わせて、
また、出かける場所に合わせて、

子どもが自分でアウターで選び、
洋服で自分の体温調節をする事を、学べるように。
e0305098_14222808.jpg
でも、これって大人でも難しいです。。。
私も昨日の小学校のお手伝い、外で立ちっぱなしなのに、
トレンチコートを着ていって、大失敗でした。
ダウンを着ていけばよかった~💦

娘はガールスカウトに入団する前、
年中さんの1年間、YMCAの野外活動に参加していた事があるのですが、

状況や、場所によって、
自分でアウターを選んだり、脱いだり着たりして体温調整をするスキル

というのが、幼稚園クラスの冬の活動プログラムの中に組み込まれていて

「ああ、これってスキルなんだ。こんな小さい子にも、
環境を用意して工夫して伝えていけば、自分でも出来るようになるんだ~。」

と、関心した事があります。
e0305098_14231243.jpg
今では娘は、出かける時に、
「今日は雨が降るし、寒くなるみたいよ」って、私から少し情報を伝えると、
なんとなく、それに合うアウターを自分で選べるようになりました。

よく子どもには、自己肯定感が大事っていいますけれど、
子どもの自己肯定感って、誰かと比べて何かが出来る。とかじゃなくて、
こういう「生きていくために必要なスキル」を身に着ける事から、
多くは育まれるんじゃないのかな?
って私は思っています。

お家の子どもの自立環境は、

こういう、自分がただ生きていく自信。

子どもが自ら育むのを、
暖かく見守ってあげられる環境であればいいな。
私はそう常々思っています。

自分で自分の事がコントロール出来るって、
大人でも自信になりますもんね。
e0305098_14224176.jpg
店員さんお勧めの宝塚ブレンド、昼食後、早速家で煎れてみました。

自分で体温調節。大人でも難しいですけれど、

ゆっくりゆっくりゆっくりと
学んで行ってくれたらいいな。と思っています♪



ぽちっとして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

<Information>

12月3日(木)ベビーカフェアンファン 
        乳幼児ママのためのおかたづけ講座
→★
        こちらはアンファンさんに直接お申込みください

<他 自宅講座開催 及び 個別サービス リクエスト可能な日程>

上記以外の年内の受付、
及び1月の個別サービスの受付は
ご予約満席のため終了致しました。

1月~の講座受付、2月~の個別サービスの日程はお気軽に
お問い合わせください。


自宅講座の内容はこちら→

個別サービスの詳細はこちら→★

お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください)



Maison du Soleil 横田ちひろ

ライフオーガナイザー
スター・ペアレンティング ファシリテーター
おもちゃ・子育てアドバイザー


[PR]
by maisondesoleil | 2015-11-29 14:26 |  ―着る | Comments(0)

オシャレ女子のお洋服問題 解決は収納から?

ここ数日、全く違う場所で、女の子のお母さんお三方から、
同じ様なお悩みを聞きました。

子どもの家庭環境保育。環境を変えれば親子はもっと仲良くなれる!
子どもにとって、一番大切な「おうち」の環境を、お母さんの手で整えませんか?

みなさんの「おうち」は家族が一番安らぐ場所ですか?

宝塚の家庭環境オーガナイザー 横田ちひろです。

子どもにとって、安心&安全なおうち。個性と成長にあったおうち。
「そこに居てもいいんだよ」と自分を認めて貰えるおうち。
それが整えば、子どもは自らの力で成長していきます。

ライフオーガナイズ、スター・ペアレンティング(親子のコミュニケーションスキル)、
遊び込み技法で、乳幼児のご家庭の「心地いい」環境づくりをお手伝いします。


それは、

この季節、朝、子どもが何を着るかで毎日親子バトルになる

という事。

寒かったり、暖かかったりするこの時期、
大人でも「一体何を着たらいいんだろう・・」って迷いますもんねえ。

お洋服に興味がある女の子なら、
本人なりのこだわりがあるし「これを着なさい!!」
と頭ごなしに言った所で、聞きませんもんね。

う~ん、どうしたらいいでしょうねえ。。

・朝だからバトルに?夜のうちに用意をしておく。
・天気予報を親子で見「寒いからこれを着ようね」と理由を明確にする。

・朝ぐずぐず言うのは、他に理由があるから?じっくり子どもを観察する。
・ぎょ!という組み合わせをしていても「それが着たかったんだね」とまず認めてあげる。

・ほおっておく。風邪を引いてはじめて、本人が気づくと思うから。
・「こっちの方がカワイイし似合ってると思うよ」と、さりげなく言う。

こういうアイデアは、まず質より量ですので、
とりあえず、思いつくままのアイデアを、
考えてみてもいいかもしれません。

ちなみに我が家は、気候によって、
普段使いのタンスの中身を、親である私が、入れ替えます。

今の気候だと、普段使いのタンスに入っている
娘の服は、

・ロングTシャツ
・パーカー
・レギンス(短・長)
・ミニスカート・ミニパンツ
・靴下
(短・長)
・下着(タンクトップ・半袖・長袖)

のみ!!
e0305098_22325659.jpg
靴下やアンダーウェアからトップス&ボトムスまで、
すべてのアイテムが、
この一つの引き出しの中に入っているので、
子どもでも全身コーディネイトしやすい仕組になっています。

娘がお気に入りの、ベースの組み合わせは、大体こんな感じ。
e0305098_22310350.jpg
これで、朝ひやっとする日は、
自分で判断するか、私が言って、

下着や靴下で調整するか、
ボトムスにレギンスを足すか、パーカーを羽織って行きます。

もう少し寒くなると、
ロンTの一部とミニパンツがニット類と長ズボンに入れかわります。

これは、親が環境を整備する事で、親子の問題を避ける
という方法です。(By スター・ペアレンティング)

「子どもと毎朝、何を着るかでもめる」
という親子バトルの原因は、
色んな要因があると思いますが、

●モノが多すぎて、子どもが必要なモノを選べない。
●そもそも、この季節、どんな洋服の組み合わせが相応しいのか、
子どもが分かってない。

そういう場合も多いです。

そうであれば、大人がある程度、環境を整えたり
手本を見せたりする事で、問題が解決するかもしれません。

これ、すべて、
スター・ペアレンティングの手法になります。
毎月勉強会やってます!!→★

ポイントは「主導権を子どもに残す」という事です。
(その程度は、子どもの発達段階と個性によります)

親は導きはしますが、最終的に選ぶのは子ども。

環境の整備はそれが出来れば、
徐々に親子のバトルは減って、
子どもは自分に自信を付けていくと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・

ここら辺、お悩みの方は、
子どもの環境保育講座 個別サービスでしょうか。
ご興味がある方は、一度ご相談くださいね。

お問い合わせフォーム


↓こちらクリックしてくださると嬉しいです♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

<Information>

11月19日(木)子どもの家庭環境保育   
(学童期 新一年生バージョン)
残席1

11月27日(金)スター・ペアレンディング勉強会 
(良い行動を見つけ出す)
 
残席2

12月3日(木)ベビーカフェアンファン 
        乳幼児ママのためのおかたづけ講座
→★
        こちらはアンファンさんに直接お申込みください

12月21日(月)お母さんのための時間管理講座 残席1


<他 自宅講座開催 及び 個別サービス リクエスト可能な日程>

11月17日(火曜日)18日(水曜日) 予約済

12月8日(火)9日(水)10日(木)11日(金)
12月15日(火)16日(水)17日(木)18日(金)

自宅講座の内容はこちら→

個別サービスの詳細はこちら→★

お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください)



Maison du Soleil 横田ちひろ

ライフオーガナイザー
スター・ペアレンティング ファシリテーター
おもちゃ・子育てアドバイザー


[PR]
by maisondesoleil | 2015-11-09 23:11 |    ー洋服環境 | Comments(0)

子どものパジャマはどこに置く?

こんにちは!

宝塚の家庭環境オーガナイザー 横田ちひろです。

「乳幼児期の子育てを、もっと楽しみたい!」
でも、●家の中はぐちゃぐちゃ●一日はあっという間に過ぎ●子どもと、どうやって遊んでいいか分からない!

ライフオーガナイザー、スター・ペアレンティングファシリテーター
おもちゃ・子育てアドバイザーの横田ちひろが、

遊びこみ技法、親子のコミュニケーションスキル
空間と時間のライフオーガナイズで、
あなたの「困った」のお手伝いを致します。

無理をせず、自分らしく、ラクで楽しい家庭環境づくりをしてみませんか?

さて、今日は子どものパジャマの置き場所です。
これ、みなさんからよく質問されるのです。

皆さん

・洗面所(脱衣所)に置くか
・洋服タンスの中に置くか 

で迷われるみたい。

うちは、洋服タンスの中派です。

娘曰く、

朝着替える時にパジャマを脱いで、
それを脱衣所に持っていくなんて、めんどくさい。
毎日洗濯するわけじゃないし。

らしい。

なので、朝、
パジャマを脱ぐ→しまう→服を着替える
同じ場所でスムーズ出来るように、
パジャマは洋服ダンスの中に。

e0305098_16433975.jpg

夜は洗面所にパジャマを持っていくか、
バスタオルのまま、娘の部屋にパジャマに着替えにいくか、、(;^ω^)
(もうそろそろこれはやめさせないとね、、レディーなので)
e0305098_16435149.jpg
パジャマ上段、お洋服下段

これ、ご家庭の空間スペースのご事情にもよると思いますし、
朝と晩の時間の余裕と、子どもさんやママのご機嫌によっても違うかと、、。

<脱衣所派>

・脱衣所が広い(親子揃ってバスタオルで身体を拭いたり、パジャマを着替えるのに十分なスペースがある)
・脱衣所に収納スペースがある
・夜は、お風呂から上がったら、さっさと用意して、さっさと寝たい

<洋服ダンス派>

・朝、比較的時間の余裕が無い(パジャマを脱いで→しまって→すぐ着替えたい)
・洋服ダンスに収納スペースがある。
・朝、万が一パジャマがしまわれていなかったとき、親が朝から怒りたくない。


と、おもいつくままに書いてみましたが、ご家庭によって他にもご事情がある事でしょう・・

とにかく、収納というものは
TRY&エラーの繰り返し!!

親も子も、出来るだけ気持ちよく、家で過ごせるように、
色々工夫して、試して、だめだったら、またやり直してみて下さいね♪

こんな事で、お悩みの方は、ぜひご相談ください。
それぞれのご家庭のご事情をしっかりお聞きした上で、
私もみなさんと一緒に、あらゆるアイデアを考えていきます!

個別サービスの詳細はこちら→★
自宅講座の内容はこちら→

お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


読んだよーのぽちっとお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

4月・5月のサービスの受付は終了致しました。
ありがとうございました。
ご新規のお申込みは、講座・サービスともに6月~となります。
既に6月もご予約を頂いております。
ご興味ある方は、お早目にお気軽にお問い合わせください♪
→★

ご自分にあった家庭環境の整え方をMaison du Soeilで学んでみませんか?
子育ても、ママ業も、トライ&エラーの繰り返しでいいんです!

ママも子どももありのままで大切に・・・
今よりも、もっとラクで楽しい、子育てライフのお手伝いを致します♪

Maison du Soleil 横田ちひろ

ライフオーガナイザー
スター・ペアレンティング ファシリテーター
おもちゃ・子育てアドバイザー


[PR]
by maisondesoleil | 2015-04-23 16:52 |  ―着る | Comments(0)

お古の服の選別方法

「お母さんのためのお片づけ講座」で、お悩みの上位に入るのが
お古で頂いた子ども服の整理です。

宝塚の家庭環境オーガナイザー 横田ちひろです。

家庭は一番小さな社会です。
家族みんなにとって心地いい空間は、子どもに安心と自信を与えます。

ママも子どもも大切に。

子育てママがラクになる家庭環境づくりを、
遊び・親子のコミュニケーションスキル・空間と時間のオーガナイズからサポートします。

3月は全日満席のため、受付終了致しました。
ご新規のお申込みは4月~。
お気軽にお問い合わせください
→★


よくあるお悩み⇒

その① 頂きモノは突然に!

今の子どもの年齢関係なく、お古というモノは回ってきたりします。
そのため、気づけば納戸の中が、お古のストックで山盛りに!!

その② その服、私の好みじゃない!

だって、頂きものですからね。
自分の子どもに似合うとは限りません。

その③ 処分するにも、貰った人に悪い気がする。

「あれ着てる?」っていつか聞かれるんじゃないか。と思っている方が多いです。
その人と会う予感?がする日は、わざわざお古で頂いた服を子どもに着せるという方も。
で、結局会わなかったというパターン多し。だそうです。

e0305098_1853533.jpg
解決方法色々⇒

●お古は、親の自分が
 「すんごいカワイイ!」「好み」「自分の子に似合いそう!」
 と思うものに厳選しましょう。

「これ便利クラス」のお洋服だと、結局着ない事の方が多いような気がします。

自分の好みじゃない&子どもにも似合っていない洋服を着せながら、
「やっぱり可愛く無い・・」と子どもを見ながら一日中思っていた。。
というお母さんも、中にはいらっしゃいました(笑)

かわいいわが子♡のために、そこまでして、
お古なんて残さなくていいと思います。

●あげた人は、あげた時点で満足しています。

「あのお洋服着てる?」なんていちいち確かめてくる人なんて
果たして何人いるのでしょうか?

貰った人は、あげたい人の(自分勝手な)気持ちに、
お古を受け取った時点で、もう十分貢献しているのです。
それで十分です。自分とわが子を大切に♪

●処分する方法を何パターンか決めておこう!

残す以外のお古の服を、処分する方法を
あらかじめ、決めておきましょう。

エコに配慮して処分するか、ワクチンなどの寄付に貢献するか、
リサイクルショップに持っていくか、
それは貰ったあなたの自由です。

これお勧め!!古着でワクチン⇒★

●お古を保管する場所を限定しましょう。

このスペースに入るだけ!
そこから溢れるようなら、押し出し形式で、
今まで保管していた「何か」と交換しましょう。

勿体ないお気持ちは分かりますが、
沢山の同じ様なお洋服があった所で、親も子どもも選びきれません

・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上、飽くまでご提案の一部分ですが、
こんな感じでしょうか?

「頂いた服が処分できない!」って仰る方、
人の気持ちを大切にされる「優しい方」が多いです。
だから私、大好き。

でも、その「優しさ」を、ぜひご自分のために使って下さいね

幼稚園卒園⇒小学校では私服!のお子様がいらっしゃるお母さん!
ぜひ春休みに、お古のお洋服の選別をしてみて下さいね~(^^♪


お子さんの入園&入学前のお片づけ、空間も心もすっきりしますよ。
ぜひやってみて下さい!
やってみよかな、、の方はぽちっとして下さると嬉しいです!
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

お母さんご自身の手でお家を整えると、家族がHAPPYになります。
家庭環境を整える方法を、ぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?

Maison du Soleilの講座
※お母さんのためのお片づけ講座
※お母さんのための時間管理講座
※子どもの家庭環境保育

それぞれの詳しい講座内容はこちら→
個別サービスの詳細はこちら→★

リクエスト可能な日程のお知らせはこちら→★



お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください

このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

[PR]
by maisondesoleil | 2015-03-17 10:36 |    ー洋服環境 | Comments(0)

子ども服の量

個別サービスに伺わせて頂くと、子どもの服の量が「とても多いな~」と
思う事があります。でも、それはあくまで私の感覚なので、
お母様に色々お聞きすると、、、

宝塚の家庭環境オーガナイザー 横田ちひろです。

家庭は一番小さな社会です。
家族みんなにとって心地いい空間は、子どもに安心と自信を与えます。

ママも子どもも大切に。

子育てママがラクになる家庭環境づくりを、
遊び・親子のコミュニケーションスキル・空間と時間のオーガナイズ
からサポートします。

2月の日程を更新しています!ご確認下さい→★

お子様が女の子の場合、よく帰ってくるのが

「うちの子オシャレに目覚めているので、沢山選択肢があったほうがいいと思って・・・」

というお答え。

買ったモノもあるし、お古で頂いたモノ、お姉ちゃんからのおさがり、etc
とにかく量が多い!!

1人分、1シーズンだけで、子どもタンスの人さおをつぶしてしまう位。

でも、さらによくお聞きすると

・もちろん全部着ていません。
・とっかえひっかえタンスから出しまくるので、朝ぐっちゃぐちゃになり、結局親が片づける。
・すべてお気に入りではないみたい。
・よく見たら汚れているモノや、古ぼけたモノもあるような、、。

との事。

うーーーーん。そもそもオシャレってなんでしょうね?

選択肢を沢山与える事よりも、子どもには
自分が好き!似合ってる!と思ったモノだけを着る喜びを、
伝えてあげるほうがいいのかも、、どうでしょうか?

そして、本当のオシャレさんって、

組み合わせが上手な人!じゃないかなあ~?

・・と私は思うのですが、どうでしょうかねえ?
もちろん、もっと違う方針がある方はいいのですよ。
私の価値観を押しつけているのではありませんよ~。


e0305098_08085222.jpg
お洋服が好きな子って、自分の好みやこだわりがありませんか?

それならその好みをベースに、お母さんも一緒に、
大量の服の中から素敵なコーディネイトを考えてみて、
それを残すのはいかがでしょうか?


うちの子は、ズボンはスポーツする時しか絶対にはいてくれません。
冬はレギンスばっかり。
デニムとかも実はカワイイよ。とか薦めても絶対に嫌みたい。

なので、彼女が好きなテイストで、
着回しの効くアイテムを、量は少なめで一緒に選びます。

(一緒に買いに行くか、お古で頂いたもには、頂いた時点で
手持ちのアイテムとどう組み合わせられるかを、一緒に考えてみる)

ワンシーズンで着回す服はこれだけ。
e0305098_08090880.jpg
ここに、下着や&靴下を含む、すべての服が収納されています。
(お出かけ用のワンピースとアウターだけは別の場所でハンガー収納ですが)

なので、本人はここを開けながら、毎朝全身のコーディネイトします。

ちなみに今日選んで着ていた服はこれ!
トップス~靴下まで、色とトーンの合わせ方は中々のもの。
e0305098_08090192.jpg
これ以上の服の量があると、彼女、時々へんちくりんな組み合わせをしてきます。
自分でコーディネイトするには、これくらいの量が適当なようです。

もちろん服の管理も自分でしています。

これくらいが、きっちり畳まなくても、適当に丸めて押し込んだ所で
タンスの中はあまり乱れない量でしょうか。

これでもちょっと多い位。
就学前のお子さんなら、収納容量に対して7割位の量が使いやすいと思います。

お母さんがオシャレじゃない場合どうするの?
この際子どもと一緒に学びましょ!(笑)
オシャレに興味ない子なら?なおさら量を考えてあげて下さい。
応援ぽちっとして下さるとうれしいです~(^^♪
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村


お母さんご自身の手でお家を整えると、家族がHAPPYになります。
家庭環境を整える方法を、ぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?

NEW講座 子どもの家庭環境保育(0歳~6歳バージョン)→★
NEWサービス 子どもの家庭環境保育 個別サービス→★

2月の日程はこちら→★


Maison du Soleilの講座

※お母さんのためのお片づけ講座
※お母さんのための時間管理講座
※子どもの家庭環境保育

それぞれの詳しい講座内容はこちら→
個別サービスの詳細はこちら→★
お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、
このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。
「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

[PR]
by maisondesoleil | 2015-02-06 08:38 |  ―着る | Comments(0)

お古で頂いた服の整理

こんばんは~。

宝塚の家庭環境オーガナイザー 横田ちひろです。

家庭は一番小さな社会です。
家族みんなにとって心地いい空間は、子どもに安心と自信を与えます。

ママも子どもも大切に。

子育てママがラクになる家庭環境づくりを、
空間と時間のオーガナイズ・遊び・親子のコミュニケーションスキル
からサポートします。

今日は、お古で頂いたお洋服の整理についてです。

お古のお洋服って、とってもありがたいなのですが、
いつのまにやら、すんごい量になっていて、
納戸の中はお古だらけ!!

それを見ているだけで、ちょっとストレスになるって事ありませんか?

我が家は、頂いたお古。
ここのスペースに入るだけにしています。
e0305098_22394625.jpg
お古ってありがたいのですが、やはり頂きものなので、
少しくたびれているものや、数軒から頂くために、
同じサイズの同じアイテムが必要数以上に、かぶっている事も。

それに、全く自分や子どもの好みでないものも中には、、

便利かな~?置いておこうかな~?
せっかく頂いたしな~?
なんて迷っていると、どうにも処分出来ない。。

なので、うちは

●娘の好みのもの(絶対に着そうなもの)
●状態のいいもの

のみを、厳選して残しています。

他のモノはリサイクルショップへ持っていきます。
買い取ってくれなくても、その場で引き取ってくれます。

人さまから頂いたモノをリサイクルショップへ持っていくなんて、、。
とも思うのですが、いつも頂く方は
「処分に困ったら、なんとでもしてね」
言って下さっているので、そうさせて頂いています。

反対に、私も娘のお古を回す時は、
同じセリフを回す方に伝えています。

また、古着に関してはこんなシステムもありますよ。

古着deワクチン

古着を送ると社会貢献が出来、さらに「赤すぐ」のクーポンが貰えます。
乳幼児ママ必見ですので、ぜひ検討して見て下さいね~!!


へーーー。お古の整理してみよう!と思われた方は応援クリックして下さるとうれしいです!!
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村



お母さんご自身の手でお家を整えると、家族がHAPPYになります。
その幸せが、子どもの生きる力になります。
家庭環境を整える方法を、ぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?
一度学んだスキルは一生役に立ちます。


Maison du Soleilの講座

※お母さんのためのお片づけ講座
※お母さんのための時間管理講座
※子どもの家庭環境保育(新一年生準備バージョン)

家庭環境保育に関しては、新メニューを只今準備中です。


それぞれの詳しい講座内容はこちら→


お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、
このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。
「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

[PR]
by maisondesoleil | 2014-11-13 22:41 |    ー洋服環境 | Comments(0)


家族みんなが「ほっとできるおうちづくり」兵庫 宝塚 子ども部屋片づけ ライフオーガナイザー横田ちひろです。乳幼児~学童期親子の「もっと仲良く。もっと楽。な家庭環境づくり」をサポートします!


by maisondusoleil

プロフィールを見る

メモ帳

ホームページ

お問い合わせもHPよりお気軽に!


わが家の仕組や収納は「暮らしニスタ」に投稿中!!
(2016年秋Como共催:無印良品・ニトリ・イケアの収納コンテスト銀賞)



コノビー専門家ライター



スターペアレンティング


日本ライフオーガナイザー協会

片づけ収納ドットコム

遊び込み

カテゴリ

全体
◆ホームページ
◆子どもの家庭環境保育
~物的環境~
 <遊びの環境>
   ├遊び環境・配置
   ├おもちゃ選び
   ├おもちゃ収納
   ├遊び時間のねん出
   ├遊びのアイデア
   ├絵本環境
   ├遊びの効能
   ├親の関わり
 <自立環境>
   ├声掛け・親の姿勢
   ├身辺自立
    ―子どもの片づけ
    ー着る環境
    ―食べる環境
    ーやることリスト
    ー自立環境の仕組み(収納)
   ├お手伝い
 <学びの環境>
   ├学びと遊び
   ├学習物的環境
   ├学習収納
   ├親のよりそい
   ├おこづかい
 <他>
   ├家庭環境に必要な事
   ├色・インテリア
   ├写真・思い出収納
~心的環境~
 <親子の関わり>
   ├子どもへの心がけ
   ├子どもの自己肯定感
   ├子どもの不安
   ├イヤイヤ期
   ├しつけ
   ├気質と発達段階
   ├いじめ・犯罪
 <親のセルフケア>
   ├子どもへのイライラ
   ├自分自身の整え方
   ├暮らしを楽しむ
   ├ママ友 人付き合い
◆ママの家庭環境づくり
 ├ママの時間オーガナイズ
  -時間管理
  -時短料理
  -時短掃除
 ├ママの空間オーガナイズ
  ーお片づけの考え
  ーモノを減らす・選ぶ
  ーモノの住所を決める
  ーモノの収め方を決める
  ー収納用品を選ぶ
  ーモノを収める
  ーお片づけを維持する
◆もしもの備え 病気災害
◆私の事
 ├娘のこと
 ├つぶやき
 ├家族のこと
◆セミナー案内
◆個別サービス(子ども)
 ├様子・ご感想
◆個別サービス(ママ)
 ├様子 ご感想(ママ)
◆自宅講座のご感想
◆セミナーのご感想
◆その他

最新の記事

アメブロにお引越しのお知らせ
at 2017-02-19 15:38
子どもの自立環境 やるかやら..
at 2017-02-17 23:02
子どもが自分で部屋のインテリ..
at 2017-02-16 18:38
人の「あったかさ」が身に沁みた日
at 2017-02-15 19:31
ママが自分で自分を褒める方法
at 2017-02-14 20:51
毎日の食事づくりのハードルを..
at 2017-02-13 18:07
男の子にも!<子どもが性犯罪..
at 2017-02-12 16:26
久しぶりの夫婦時間と居ないと..
at 2017-02-11 20:43
3、4歳~。反抗的になる時期..
at 2017-02-10 15:58
我が家の3年間の教科書収納の変遷
at 2017-02-09 16:17

記事ランキング

検索

ブログパーツ

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ライフログ


親と子どもの感情BOOK―感情ときちんと向き合う子どもが育つ


子どもとのコミュニケーション・スキル―子どものこころが育つ聴き方・話し方


叩かず甘やかさず子育てする方法


片づけと収納がらくになる仕組みづくり ライフオーガナイズ: もっと心地いい暮らし方


遊びとしつけ―子育てが楽しくなるコツ


遊びとおもちゃ―ディベロップメンタルトイズガイドブック

ブログジャンル

インテリア・収納
子育て

フォロー中のブログ

OURHOME
片付けたくなる部屋づくり
丘の上の家
暮らしのはこ ~思考と空...
Flower Ateli...
我が家のお片づけ。菜の花...