カテゴリ:   ├しつけ( 4 )

子どものサボりたい。どこまで許す?

毎日寒いですね・・・。

※2月3月のご新規の個別サービスのお申込みはご予約一杯のため受付を終了致します。4月以降のご予約も開始していますので、お子さんの新生活が不安な方、新学年を機におうちの環境を整えたい方は、新入園、新入学のタイミングで、またぜひご検討くださいね。

家庭環境保育(とは?→環境は人をはぐくみます。「おうち環境」を整えて、親子はもっと仲良く。もっと楽に。 兵庫宝塚の家庭環境オーガナイザー 横田ちひろです。はじめましての方はコチラをご覧ください

さて、みなさんは明らかに子どもが学校や習い事をさぼりたいと思って、ぐずぐず言ってくる時どうされていますか?先日うちでもそんな事がありました。先週1週間学級閉鎖だったので、家で存分にダラダラ過ごしていたせいですかね・・。

我が家の場合、学校は

あーー、しんどいねー。ツライね~。とさらっと、ききながら、送り出します。時には「あんまりにもしんどかったら、保健室に行ったらいいよ」とか「先生に一言連絡帳に書いておこうか」とかは言います。大抵子どもは「それはいいや」と言いますが、たまに書いて欲しいという時もあります。

で、子どもの方は、ぐずぐず言いながらも学校に行って、ケロッとして帰ってくる事がほとんどです。
e0305098_23291984.jpg
結局今週習い事を1つサボりました。でも帰ったらすぐ宿題はする。夕飯前にワークもピアノもする。エライ!それだけで、我が家はOKです。

習い事の場合、

習い事の中で、ピアノと体操と月二回の造形教室は、趣味というか、子どもが好きで自ら選んで習っているものなので、無理して行かせず、しんどいという時は、行くか行かないか自分で選ばせます。これは人生を豊かにするための習い事なので、時にサボる事もいいんじゃないかな?と私自身は思っています。

ガールスカウトは、親が色々考えて娘を通わせているので、学校と同じで、あーーつらいねえ。といいながら、送っていきます。

こういうのって、ほんと家庭の価値感ですよね。
e0305098_23295641.jpg
先日大好きなカトリーヌ(くらしスタイリスト)にお土産で貰ったビスケットを食べながら、その後こたつでゴロゴロしていました。

それでいいんじゃないでしょうか。学校をさぼって、平日に東京DLに行くなんて、我が家では考えられませんが、お父さんが平日しか休みが取れなくて、もう子どもが小学生の間しかそんな機会がない。そんなご家庭もあるでしょう。

うちの場合は、子どものサボりたい。には

・基本的な家庭のルールは決めておく
・子どもの行きたくないという気持ちは認める
・子どもの様子は、大騒ぎせず、さらっと観察する(でも注目はしておく)
・子どもの様子によっては、臨機応変に。何かあれば主人や子どもにかかわる大人に相談する。

でしょうか。いずれにしてもそんな時は、実際サボるかサボらないかよりも、片目開きで子どもに注目しておく事と、いきたくないという子どもの感情を認める事がポイントだと思います。

まだ残席ありです!よかったら!1月27日(金)スター・ペアレンティング勉強会   「感情を認める」の会 残2


ランキングに参加しています。
↓1日1クリックして下さると嬉しいです♪

にほんブログ村

🏠Information🏠
<開催決定>
1月31日(火)ママの時間管理講座 定員2残1
2月1日(水)お片づけCafe 満席 次回は4月頃を予定しています。

自宅講座・個別サービス空き日程>
ご新規の方のお申込みは、現在2017年4月~になります。日程はお気軽にお問合せください。
お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください)

↓サービス・講座内容の詳細はこちら





Maison du Soleil 横田ちひろ

ライフオーガナイザー
スター・ペアレンティング ファシリテーター
おもちゃ・子育てアドバイザー

by maisondesoleil | 2017-01-25 23:34 |    ├しつけ | Comments(0)

虐待としつけの違い

北海道の事の影響もあるのでしょうか?ここ数日の間に会った数人のママさんから「私のこれって虐待でしょうか?」というご相談をいくつか受けました。

子どもの家庭環境保育(家庭環境保育とは?→「家庭環境」を整えれば、親子はもっと仲良く楽になれる!Maison du Soleil HP 兵庫宝塚の家庭環境オーガナイザー 横田ちひろです。はじめましての方はコチラをご覧ください

しつけか虐待か?

これは色々な議論があるようですが、ちゃんと定義があります。

虐待とは?=主体は親(親のためにある)。親の気分次第で起こり、一貫性がなく、暴力的。

暴力とは?WHOの定義(2002年)
=実行もしくは脅迫の如何を問わず、自分自身、他者、特定の集団や社会に対する腕力や権力の意図的な行使で、結果として障害、死、心理的障害、発達異常、侵害をもたらす行為。もしくはその可能性が高い行為

しつけとは?=主体は子ども(子どものためにある)。子どもの理解度に配慮しながら、社会のルールやマナーなどが身につくよう、必要な事を教える行為の事。

虐待としつけは、延長線上にあるのではなく、全く別のものです。
しつけと称して、親がコントロール出来ない子どもに対して、自分の怒りや苛立ちを、自分の力を悪用し暴力をふるう事は虐待にあたります。体罰も、子どもに恐怖感を与えることで言動をコントロールする方法です。一時的な即効性はあるかもしれませんが、本来の意味でのしつけとは別になります。
e0305098_22472603.jpg
では、しつけのために、結末を引き受けさせる行為と虐待とは、一体どこが違うのでしょうか?結末を引き受けさせる行為は、子どもの思考を育てるもの。

「ごはんは食べる物。ごはんを投げたら、もうおしまい」
「道路を渡る時は危ないから側にいてくれる?一人で走ろうとしたら、抱っこして連れて行かないといけないよ」

ルールと結末は行動に関連があり、おどしや罰ではなくて、ルールを破った時は即座に引き受けさせ、その時は、穏やかに簡潔に、しっかりと子ども自身が選んだ結果だと強調する事。


・・・・・・・・・・・・・・・

と、ここまでは、スター・ペアレンティングのファシリテーターとしてお伝えする事です。

でも、一母親でもある私自身は、虐待の報道を見る度に「こんなの私と紙一重だな」と思っていた時期がありました。娘にとっさに向けた、沸点の怒りの感情を、拳で床にぶつけたら、手がパンパンに腫れ上がった事もあります。これを娘が実際に身体で受けていたとしたら・・と思ってぞっとした記憶が今でも鮮明にあります。

今週私に、実際ご相談された方も「私が子どもにしている事は虐待かも」って心配されてました。

うううん。大丈夫。聞いたら、感情的になった時にでも、ちゃんとお子さんの安全は確認されている。たとえ、怒りにまかせて怒鳴っちゃったとしても、後から「ごめんね。さっきはママが悪かったよね。」って言えばいいと思います。

もうだめだ!とそう思われたら、先に優先するべきは、お母さんの心と身体を休める事かと、私個人は思っています。
e0305098_22483000.jpg
虐待かしつけか?っていう議論の前に、お母さん自身もどこかで気持ちを吐きだせる場所があればいいし、周りも「大丈夫?私も、そんな事があったあった」って声をかけられる社会であればいいのに。と思うばかりです。

スター・ペアレンティングの勉強会、2期生が始まっているのですが、まだお席が1つ空いています(6月3日満席になりました)今回は偶然なのですが、小学生以上のお子さんのママさんばかりなんです。乳幼児のママさん、もしよかったら来られませんか?みなさん温かい方ばかりです。ご自分のお話をされなくても、そんなママさんのお話を聞かれるだけでも、何か少しヒントが得られるかもしれません。

6月は24日(金)今回は「良い行動を見つけ出す」についてです。
6月3日追記*勉強会は満席ですが個別対応はしております。ご予約が9月~になりますが、良かったらいつでもご連絡下さいね。
詳細はスター・ペアレンティングの勉強会

お問い合わせフォーム



↓1日1クリックして下さると嬉しいです♪

にほんブログ村

🏠Information🏠

6月18日(土)ととのえ隊HYOGO 防災セミナー
 
8月末までの自宅講座、個別サービスのご予約はいっぱいになりました。現在のお申込みは9月~になります。お気軽にお問い合わせ下さい。



↓サービス・講座内容の詳細はこちら

お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください)



Maison du Soleil 横田ちひろ

ライフオーガナイザー
スター・ペアレンティング ファシリテーター
おもちゃ・子育てアドバイザー

by maisondesoleil | 2016-06-02 22:50 | ーしつけ | Comments(0)

スター・ペアレンティング しつけって何だろう?

先日、とあるパパさんと喋る機会があって、
私がこういう仕事をしているのを知って、
3歳の息子のしつけが難しい・・周りの子とも比べてしまうし・・と仰っていました。

それを聞いていた私。その答えはどうであれ、
「こうやって、パパも子どもの事で悩んで、人に聞いたりするのって、なんだかいいなー」
って思わず微笑んでしまいました。

その内容については、詳しくお聞きして、スター・ペアレンティングのファシリテーターとしてお答えしたつもりですが、
最後には「それだけの見守りと愛情がおありなら、どんな事があってもきっと大丈夫ですよ」
と思わず言ってしまいました(^o^)

子どもの家庭環境保育。環境を変えれば親子が変わる!
子どもにとって、一番大切な「おうち」の環境を、お母さんの手で整えませんか?

みなさんの「おうち」は家族が一番安らぐ場所ですか?

宝塚の家庭環境オーガナイザー 横田ちひろです。

子どもにとって、安心&安全なおうち。個性と成長にあったおうち。
「そこに居てもいいんだよ」と自分を認めて貰えるおうち。
それが整えば、子どもは自らの力で成長していきます。

ライフオーガナイズ、スター・ペアレンティング(親子のコミュニケーションスキル)、
遊び込み技法で、乳幼児のご家庭の「心地いい」環境づくりをお手伝いします。


とはいえ、しつけって一体何なんだろう?

そう悩む時ってありますよね。

今日はそれに、スター・ペアレンティングでお答えしますね。

スター・ペアレンティングでいうしつけとは?

・主体が子どもである事。つまり子どものためにする事。
・一貫性がある事。


反対に

・主体が親(親のため・親の都合)
・一貫性が無い(親の気分次第)

なのは、しつけではありません。

人は他人と関わって生きていく存在ですし、
スター・ペアレンティングでは、目安として1歳半位から3歳にかけて、
子どもは、

考える事や感情に対処する事を学び始める

と言われています。

なので、親は子どもを理解しつつも、
親として、時には適切な限度を設ける事も必要になってきます。
e0305098_23202575.jpg
で、その限度=制限なんですけどね。
これが皆さん悩まれると思うんですけどね、

私は、ご自分の基準でいいと思っています。

例えば、3歳位のお子さんで、

周りの人にちゃんと挨拶が出来ない子。がいるとしましょう。

Aさんは、お子さんにこう言います。

「人は何よりも挨拶が出来てこそ基本!3歳だろうが何だろうが、
周りの人にきちんと挨拶出来ないのはダメ!挨拶しなさい!」


Bさんは、お子さんにこう言います。

「挨拶は大事だよ。人に会ったら挨拶しようね。
今は言えなくてもいいけど、できるようになったらいいね。
今度はママと一緒に言おうね。」

Aさんは、Bさんの態度を「甘い」と思い、
Bさんは、Aさんの態度を「厳しすぎる」と思います。

でも、私は、どちらも正解だと思うんです。

たしかに、制限は子どもの年齢や、気質にあっている必要があります。

でも、普段からお子さんとしっかり接しておられる方なら、
その発達段階や気質は、きっとわかっていらっしゃる。

多少ずれていたとしても、そんなに大幅には、ずれていないと
日々出会う、たくさんのお母さんを見ていて、私は思っています。

だから、親御さんはご自身の「しつけの基準」に、
自信を持たれたらいいんだと思います。

「誰がなんと言おうとも、うちではダメなものはダメ!」
そう思ったら、それをご自身のご家庭のルール=制限にすればいいと思います。

e0305098_22380117.jpg
いろんな方と出会いますが、
今って、お子さんに制限をする事に、
非常にナーバスになられている親御さんが多い印象があります。

それは、
いろんな情報に振り回されていたり、周り目を気にされていたり
が多いような気がしています。

でも、子どもって、
大きな原っぱに放たれて「ここで自由に遊んでいいよー」
と言われるより、

「この範囲で遊ぼうね」って、ある程度囲まれた空間で遊ぶ方が、
安心してのびのび遊ぶ事ってありますよね。

スター・ペアレンティングでいう、しつけとは、
そういう範囲、制限の事です。

お子さんの将来の事を思ってされる、
愛情あふれる(それは、いつもいつも子どもを手放しに受け入れる事や、甘やかす事ではありません)
ご両親の制限は、そんなお子さんの安心につながると、私は思います。

小さいお子さんは
「家庭にルールがある」という事をベースに、
「社会にもルールがあること」を学んでいきます。

どうか、ご自身に自信をもって、しつけ=限度を設ける
をやってみてくださいね。

子どもの家庭環境保育講座(未就学児・学童期バージョンどちらも)では、
スター・ペアレンティングのお話もしています。
ご興味のある方はぜひ、お悩みをお話に来てくださいね。

なるほど。と思った方は↓クリックしてくださると励みになります!
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

<Information>

9月のお茶会は満席となりました。次回は10月末の予定です♪

9月14日(月)子どもの家庭環境保育(0歳~6歳 未就学児バージョン)残席1
9月29日(火)子どもの家庭環境保育(学童期 新一年生バージョン)残席1

自宅講座および、個別サービスのご新規の申し込み可能日
15日(火)16日(水)
17日(木)18日(金)


自宅講座の内容はこちら→

個別サービスの詳細はこちら→★

お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください



Maison du Soleil 横田ちひろ

ライフオーガナイザー
スター・ペアレンティング ファシリテーター
おもちゃ・子育てアドバイザー


by maisondesoleil | 2015-08-30 23:33 | ーしつけ | Comments(0)

ごほうびとワイロの違い

こんばんは!

宝塚の家庭環境オーガナイザー 横田ちひろです。

家庭環境オーガナイザーとは・・・

子どもの年齢や個性にあった遊び・コミュニケーションの仕方
家庭での子どもの環境の整え方を、お母さん自身が学ぶ事によって、
子どもの発達を家庭から促す事をサポートします。


さて、今日はお子さんとの関係において、よくあるご質問についてです。

「ごほうびとワイロの違いがわかりません」

これは、スターペアレンティングの考えに沿ってお答えしますね。
スターペアレンティングとは?→★

・ごほうびとは

 子どもの良い行動の結果与えられるもの

・ワイロとは

 悪い行動を止めさせるために与えられるもの

簡単でしょ?

・泣き止んで偉かったね。アメちゃんをあげようね。がごほうび
・アメちゃんをあげるから、泣き止みなさい!!がワイロです。

お子さんに、ごほうびを与える事に、抵抗のあるお母さんもいらっしゃいます。

・ごほうびが無くてもちゃんとして欲しい。
・ごほうびを一旦与えてしまうと、要求がエスカレートするのでは?
・ごほうび目当てになって欲しく無い。

ふんふん、確かに。その通り。。

でもね、大人でも、お給料がもらえなくて、一生懸命会社で働くでしょうか?
e0305098_00043820.jpg
ごほうびというのは、応用行動分析学という科学に基づいた、
子どもに適切な行動を促すため非常に有効な手段なのです。

ごほうびに関しては、いくつかポイントがあります。

★ごほうびは、子どもの欲しいモノである事。
 えらいねーと頭を撫でてあげました→頭を撫でられる事が嫌な子どももいます。
 それは、その子にとってごほうびにはなりません。

★ごほうびは、出来るだけその場で与えられる事。
 行動のすぐ後にプラスの対応をする事で
 その行動が多くなったり、うまくなったりします。

 
ごほうびは努力につりあっている事。
 じゃないと変に子どもの要求がエスカレートしたり、
 反対にやる気が無くなったりするかも、、。

★親が明確な基準を設ける事。
・どんな努力に対してか(子どもの出来る範囲で)
・どこまで出来たら?何をしたら?何回与えるか?(具体的な目標)

それに、ごほうびは、モノだけとは限りませんよ!!

・抱っこ
・一緒にどこかにお出かけする
・一緒におもちゃで遊ぶ   なんかも立派なごほうびに。

モノであっても、おやつを食べたり、ちょっとしたシールをあげたりとかでも、
些細な事ですが、小さい子どもさんにとっては分かりやすいですよね。
e0305098_00044817.jpg
そうそう、スターペアレンティングでは、お母さんが努力したり、頑張った時にも
「自分で自分にごほうびをあげましょうね~!!」ってよく言います。

あーー私、今日頑張った!!って、
みんなが寝静まってから、一人でこっそりリッチなケーキを食べるとか。

子どもの自転車の練習に付き合って、無事乗れるようになったら、
子どもにだけじゃなく、練習に付き合った自分にも、何かごほうび。
ずっと欲しかったトートバックを、思い切って買うとか。
(なんでトートバック?ふふ。それは今私が一番欲しいモノだから、、、)

一度やってみて下さい。
自分が経験すると、ごほうびって素晴らしい!!って何より実感できますよ!!

実感するとですね、、意外と「ごほうびのために頑張る」って思わなくなります。
これは、実際体験してみないと、分からない事かもしれません。

だーーーれも褒めてくれなかったら、
お母さんは、自分で自分をいっぱいほめちゃいましょーー。

ごほうび。。ぜひ、やってみて下さいねえ。

へーーやってみます。という方は応援ぽちっとお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村



お母さんご自身の手でお家を整えると、家族がHAPPYになります。
その幸せが、子どもの生きる力になります。
家庭環境を整える方法を、ぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?
一度学んだスキルは一生役に立ちます。


Maison du Soleilの講座

※お母さんのためのお片づけ講座
※お母さんのための時間管理講座
※子どもの家庭環境保育(新一年生準備バージョン)

家庭環境保育に関しては、新メニューを只今準備中です。


それぞれの詳しい講座内容はこちら→


お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、
このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。
「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

by maisondesoleil | 2014-10-27 00:09 | ーしつけ | Comments(0)


家族みんなが「ほっとできるおうちづくり」兵庫 宝塚 子ども部屋片づけ ライフオーガナイザー横田ちひろです。乳幼児~学童期親子の「もっと仲良く。もっと楽。な家庭環境づくり」をサポートします!


by maisondusoleil

プロフィールを見る

メモ帳

ホームページ

お問い合わせもHPよりお気軽に!


わが家の仕組や収納は「暮らしニスタ」に投稿中!!
(2016年秋Como共催:無印良品・ニトリ・イケアの収納コンテスト銀賞)



コノビー専門家ライター



スターペアレンティング


日本ライフオーガナイザー協会

片づけ収納ドットコム

遊び込み

カテゴリ

全体
◆ホームページ
◆子どもの家庭環境保育
~物的環境~
 <遊びの環境>
   ├遊び環境・配置
   ├おもちゃ選び
   ├おもちゃ収納
   ├遊び時間のねん出
   ├遊びのアイデア
   ├絵本環境
   ├遊びの効能
   ├親の関わり
 <自立環境>
   ├声掛け・親の姿勢
   ├身辺自立
    ―子どもの片づけ
    ー着る環境
    ―食べる環境
    ーやることリスト
    ー自立環境の仕組み(収納)
   ├お手伝い
 <学びの環境>
   ├学びと遊び
   ├学習物的環境
   ├学習収納
   ├親のよりそい
   ├おこづかい
 <他>
   ├家庭環境に必要な事
   ├色・インテリア
   ├写真・思い出収納
~心的環境~
 <親子の関わり>
   ├子どもへの心がけ
   ├子どもの自己肯定感
   ├子どもの不安
   ├イヤイヤ期
   ├しつけ
   ├気質と発達段階
   ├いじめ・犯罪
 <親のセルフケア>
   ├子どもへのイライラ
   ├自分自身の整え方
   ├暮らしを楽しむ
   ├ママ友 人付き合い
◆ママの家庭環境づくり
 ├ママの時間オーガナイズ
  -時間管理
  -時短料理
  -時短掃除
 ├ママの空間オーガナイズ
  ーお片づけの考え
  ーモノを減らす・選ぶ
  ーモノの住所を決める
  ーモノの収め方を決める
  ー収納用品を選ぶ
  ーモノを収める
  ーお片づけを維持する
◆もしもの備え 病気災害
◆私の事
 ├娘のこと
 ├つぶやき
 ├家族のこと
◆セミナー案内
◆個別サービス(子ども)
 ├様子・ご感想
◆個別サービス(ママ)
 ├様子 ご感想(ママ)
◆自宅講座のご感想
◆セミナーのご感想
◆その他

最新の記事

アメブロにお引越しのお知らせ
at 2017-02-19 15:38
子どもの自立環境 やるかやら..
at 2017-02-17 23:02
子どもが自分で部屋のインテリ..
at 2017-02-16 18:38
人の「あったかさ」が身に沁みた日
at 2017-02-15 19:31
ママが自分で自分を褒める方法
at 2017-02-14 20:51
毎日の食事づくりのハードルを..
at 2017-02-13 18:07
男の子にも!<子どもが性犯罪..
at 2017-02-12 16:26
久しぶりの夫婦時間と居ないと..
at 2017-02-11 20:43
3、4歳~。反抗的になる時期..
at 2017-02-10 15:58
我が家の3年間の教科書収納の変遷
at 2017-02-09 16:17

記事ランキング

検索

ブログパーツ

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ライフログ


親と子どもの感情BOOK―感情ときちんと向き合う子どもが育つ


子どもとのコミュニケーション・スキル―子どものこころが育つ聴き方・話し方


叩かず甘やかさず子育てする方法


片づけと収納がらくになる仕組みづくり ライフオーガナイズ: もっと心地いい暮らし方


遊びとしつけ―子育てが楽しくなるコツ


遊びとおもちゃ―ディベロップメンタルトイズガイドブック

ブログジャンル

インテリア・収納
子育て

お気に入りブログ

OURHOME
片付けたくなる部屋づくり
丘の上の家
暮らしのはこ ~思考と空...
Flower Ateli...
我が家のお片づけ。菜の花...