カテゴリ:   ├親の関わり( 11 )

夏休み色んな所へ連れて行ってあげられない・・と気にされているママさんへ

娘は今週は8時から短期スイミングに通っています。子どもは元気で親はツラい・・・(;^ω^)

子どもの家庭環境保育(家庭環境保育とは?→環境は人を育てます。「家庭環境」を整えて、親子はもっと楽にもっと楽しく!ママが「楽に」なり、子どもがのびのび育つお家の仕組づくり。Maison du Soleil HP 兵庫宝塚の家庭環境オーガナイザー 横田ちひろです。はじめましての方はコチラをご覧ください

さて、ワーキングママさんなどで「夏休みなのに、子どもを色んな所へ連れて行ってあげられない!」と気にされている方が、いらっしゃるかもしれません。せっかくの夏休み「子どもに色んな体験&経験をさせてあげたい!でも出来ない!」って。

よく子どもの成長には体験が必要だとか、非日常の経験は子どもの思考力を伸ばす!とか言いますけれど、そうは言っても、

昨日は遊園地➡今日はプール➡明日はお祭り

そんな、楽しい事を与えられる経験(もしくはお金で買う)が多くて、まるでTVを見るように、左から右にどんどん流れ体験する事が、本当に子どもの成長や思考力、行動力を伸ばすのか、、、というと、そうでは無いと私は思います。

お出かけ出来る回数が少ないなら、その1つの経験をぜひ味わいつくしてください。それは、むしろ行ける回数が少ないから印象に残る事もあると思います。
e0305098_17385205.jpg
<行く前>
その土地の歴史を調べる。名産は?地形は?どんな手段で?大人と子ども、どれくらいの交通費でいくの?

<道中>
何か面白い気づきはある?働いている人はどんな人?どんな人が来ている?何が売ってる?

<帰ってから>
どんな所に行った?何が面白かった?どんな発見があった?

などなど。こうやって書くと勉強みたいですが、そうではなくて、例えば電車が好きな子なら、あらかじめ路線図を調べつくしていくとか、YouTubeで電車の様子を見ていくとか、帰って来てから、駅の駅舎を積木や工作で再現してみるとか。その子の興味を広げ、お出かけを楽しく味わいつくすアイデアを考えてみて下さいね。
e0305098_17400177.jpg
今年はベランダでも立派に育ちました!

うちでは、夏の週末はパパも巻き込んで、お祭りごっこを家でよくやりましたよー。ただの焼きそばを100均で買ったプラスチックトレーに入れて、値札を作って売ったり、ベランダプールでスーパーボールすくいをしたり!かき氷やさん、フランクフルト屋さんをしたり!「今日ひま~。どっか行きたい~」娘がそんな事を言いだした時は、何回も繰り返しやりました。

繰り返す事で、どんどん内容も進化していって、今考えると本当に面白かったです!!幼稚園児でも、焼きそば¥500とか、なかなかな金額で売りよるんですよね(笑)紙でお金を作ったりして、娘も楽しかった。と、今でも言っています。

そんな経験の方が、数万円もかけて何回もリゾート地に遊びに連れていくより、よっぽど子どもにとって「いい経験」になると、私は思いますよ。

そして最後に、お母さん!ぜひご自分の生き方に自信を持ってください。

子どもにどんな貴重な体験をさすより、きっと親が自分の今の生き方に自信を持つ事が、子どもにとって一番「いい体験」になるかと私は思います。忙しくても、どこにも行けない夏休みでも、そんなお母さんの背中を見て育ったお子さんは、きっと立派に成長されると思いますよ♪

ランキングに参加しています。
↓1日1クリックして下さると嬉しいです♪

にほんブログ村

🏠Information🏠

Maison du Soleil子どもの家庭環境保育 自宅講座・個別サービスのお申込みは現在10月~になります!お気軽にお問い合わせ下さい。

↓サービス・講座内容の詳細はこちら

お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください)



Maison du Soleil 横田ちひろ

ライフオーガナイザー
スター・ペアレンティング ファシリテーター
おもちゃ・子育てアドバイザー

[PR]
by maisondesoleil | 2016-08-02 17:41 |    ├親の関わり | Comments(0)

親子で困っていたら、特効薬はやっぱりこれかな~?

イベントも終わったので、11月、12月のご案内も
ぼちぼちしていきますね。

子どもの家庭環境保育。環境を変えれば親子はもっと仲良くなれる!
子どもにとって、一番大切な「おうち」の環境を、お母さんの手で整えませんか?

みなさんの「おうち」は家族が一番安らぐ場所ですか?

宝塚の家庭環境オーガナイザー 横田ちひろです。

子どもにとって、安心&安全なおうち。個性と成長にあったおうち。
「そこに居てもいいんだよ」と自分を認めて貰えるおうち。
それが整えば、子どもは自らの力で成長していきます。

ライフオーガナイズ、スター・ペアレンティング(親子のコミュニケーションスキル)、
遊び込み技法で、乳幼児のご家庭の「心地いい」環境づくりをお手伝いします。


さて、先日、
子どもの家庭環境保育(0歳~6歳 未就学児バージョン)に来て下さったS様。


娘との関係にイライラする事が多かったのですが、
今はまだ3歳。
もう少し甘えさせてもいいかな。と思いました。

お片づけをさせなきゃ、自分も片づけなきゃ。
と思っていましたが、子どもが好きに遊んでいい場所を作り、
自分の気を楽にしてもいいかなと思いました。

と感想を下さいました。

フルタイムで、しっかり働いていらっしゃるS様。
とてもお忙しい中、お仕事と家事と育児を両立されています。

3歳の娘さんとの関係で悩み中。

との事でしたが、娘さんの事をお聞きすると、
「いい所・好きな所」がたっくさん出てくるんですよね♪

ステキなお母様だと思いました。
e0305098_22463498.jpg
平日は保育園から帰ると、8時近くなるそうです。
平日は、もう親子ともにクタクタだと思うので、
お母さんが家事をしている時間に、
一人遊びが自由に出来る空間を充実させる。

休日、10分でもいいから、
S様は家事をしない時間を作って、集中して一緒に遊ぶ

とりあえずは、そうしましょうかー。
そんな話になりました。

実は他にも、お母さんが気になっている、
娘さんの自立に関する問題があったのですが、

今回それにはあえて注目し過ぎず、
まずは親子で楽しい事を増やしましょう。

という話になりました。

やってみなければわかりませんが、
今回は、遠回りのようで、それが近道のような気もしました。
e0305098_22473247.jpg
みなさんだって、親子でね、いろんな問題があると思います。

そういう時は、最近、ワハハって、
親子で笑えているか振り返ってみてくださいね。

ワハハって笑えてなくて、
問題そのものを解決する事がむつかしければ、

ワハハって、笑える事をぜひやってみてください。

それが遊びになります。
遊びって「行為」だけじゃありません。

ワハハって、親子で笑える「何か」
であれば、それは立派な遊びです。

親子の事、遊びの事、環境の事で困っている方は
子どもの家庭環境保育(0歳~6歳 未就学児バージョン)
を良かったらどうぞ(^^♪


11月ご予約可能日 17日(火曜日)18日(水曜日)
お問い合わせフォーム




ぽちっとしてくださるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

<Information>

11月19日(木)子どもの家庭環境保育(学童期 新一年生バージョン)残席1

自宅講座の内容はこちら→

個別サービスの詳細はこちら→★

お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください)



Maison du Soleil 横田ちひろ

ライフオーガナイザー
スター・ペアレンティング ファシリテーター
おもちゃ・子育てアドバイザー


[PR]
by maisondesoleil | 2015-10-29 22:50 |   ―親子の遊び時間 | Comments(0)

親子の関わり 一緒に遊ぶ

夏休み!始まりましたね~。

子どもの家庭環境保育。環境を変えれば親子が変わる!
子どもにとって、一番大切な「おうち」の環境を、お母さんの手で整えませんか?

みなさんの「おうち」は家族が一番安らぐ場所ですか?

宝塚の家庭環境オーガナイザー 横田ちひろです。

子どもにとって、安心&安全なおうち。個性と成長にあったおうち。
「そこに居てもいいんだよ」と自分を認めて貰えるおうち。

ライフオーガナイズ、スター・ペアレンティング(親子のコミュニケーションスキル)、
遊び込み技法で、親子の「心地いい」環境づくりをお手伝いします。


我が家はこの3連休、滋賀県にある、パパの大学時代の親友一家のお家に
遊びに行かせて貰っていました。

子どもは、どちらも女の子の一人っ子同志。
年齢も2歳しか離れていなくて、まるで犬のように、二人でコロコロ遊び回っていました。
e0305098_13543010.jpg
みんなで、科学館のプラネタリウムに行ったり、川に泳ぎに行ったり、
おうちでお絵かきしたり(たまごっちもしてたけど)走り回ったりしている間は、
大人はゆっく~り、お酒を飲みながらのおしゃべり。

ほんと、の~んびりさせて頂きました。
こういうのって、大人も子どもも心から楽しいです。

そして、自分も子どもの頃のこういう思い出って、すごく覚えています。

大勢の大人が、自分達の周りでニコニコしていた事とかもよーく覚えています。
遊んだ事自体も楽しかったけど、そういう大人のワイワイした雰囲気も、
一緒にいて、子ども心になんだか嬉しかったなあ。

この夏は、こんな親子のゆっくり遊びを満喫しようと思います。
一日中子ども達とお外で遊んで、私も心地のいい疲れを感じています。

e0305098_13550247.jpg
子どもは目がいいのか、瞬時で四葉のクローバーを見つけます!すごいなあ~。

親子で遊んでくれるのなんて、もう小学生の間だけだねー。
そんな事をパパと話していました。

この夏は、いっぱい楽しい思い出を作ろうと思います。


みなさんも、よい夏休みを!!
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

<Information>

7月のサービス受付はすべてご予約済のため、終了致しました。
ありがとうございました!

自宅講座および、個別サービスのご新規の申し込みは9月~となります。
ご興味ある方は、ご連絡頂いた方から日程を調整させて頂いております!
どうぞお気軽にお問い合わせください♪
→★

自宅講座の内容はこちら→

個別サービスの詳細はこちら→★

お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください



Maison du Soleil 横田ちひろ

ライフオーガナイザー
スター・ペアレンティング ファシリテーター
おもちゃ・子育てアドバイザー


[PR]
by maisondesoleil | 2015-07-20 14:08 |    ├親の関わり | Comments(0)

母がてきと~でも子は育つ 2

昨日の 母がてきと~でも子は育つ 1 の続きです!

宝塚の家庭環境オーガナイザー 横田ちひろです。

家庭は一番小さな社会です。

ママも子どもも、無理せず、ありのままの自分を大切に。

子育てママがラクになる家庭環境づくりを、
遊び・親子のコミュニケーションスキル・空間と時間のオーガナイズからサポートします。

ご新規のお申込みは4月~。
5月のご予約分が埋まりつつあります。
ご興味ある方は、お早目にお気軽にお問い合わせください♪
→★


私はMaison du Soeilの講座や個別サービスで

●ライフオーガナイズ
●スター・ペアレンティング
●遊び込み技法
の三つをお伝えしています。

それらの3つは、バラバラなようで共通点があります。

それは、

自分にあった方法は、人それぞれ違う。
 それが家族であっても、子どもであっても、自分であっても。

●方法を選ぶのは、それぞれの価値観でよい。
 世間の情報に振り回される事に、全く意味はありません。

●なんのために、それを学んだり、実践するの?
 それは、自分も家族も、子どもも、自分らしく、ラクになるため


e0305098_22565446.jpg

例えば「遊び込み」について言えば、
私から実際に話を聞く前に、

「子どもと遊べない私って、悪い母じゃないか?」
「仕事をやめて、子どもともっと、遊んだ方がいいんだろうか?」

と思われている方が多いようです。

いやいや、私、実際は、

親も子も、自分らしく、無理をせず、
どちらもが得意で、心から楽しい!
と思える「遊び」を見つけるヒント


をお伝えしているんです。

よく、皆さんの感想で頂くのは、

色々教えてもらったけれど、
何よりも、

子どもと無理して遊ばなくていいと思ったら、
自分もラクになって、

子どものいい所を、純粋に「いいなあ」と思えるようになって、
じゃあ、子どもも自分も、もっと楽しく、ラクにあるためには
一体どうしたらいいかを考えるようになったら、

自然に「どうやって遊んだらいいか?」「何をしたらいいか?」
を考えるクセがついた。

それが一番の収穫です。

というご意見。
e0305098_22551124.jpg
母がてきと~でも子は育つ 1にもあるように、

私だって無理してまで、子どもと遊んでいません!

そんなの無理無理~~(^^♪
それに、親が無理して遊んだ所で、子どもだって楽しい訳がない!!

それに、遊びにしても、
親子のコミュニケーション(スターペアレンティング)にしても
ライフオーガナイズにしても

自分にあった方法って、なかなか見つからないのです。

でもね、それを

これがいいかな?
それとも、こっちがいいかな?

って、あれこれ工夫したり、

あーでもない、こーでもない。
あーーこっちの方が良かった~♪

って色々トライしてみる事自体が
楽しい!って思えるようになったら、

きっと人生、どんな事が起こっても楽しい!と思えると、
私はおもうのですよね。
e0305098_22190563.jpg
私、実際に自分の子どもが乳幼児期の時
「子育てを楽しもう!」って言われる事に、嫌悪感を感じてきました。

だって、子育てなんて、しんどい事も多いもん。
淡々と日々を回すだけで精いっぱいだもん。

でも、今になって思うと、
そうか、TRY&エラーを繰り返しながら、
子どもと格闘していた事って、
なかなか楽しかったな。って思うのです。

それが「子育てを楽しんで!」って言われる
本当の意味だったのかな~。とも。。。

そんなの、娘の乳幼児の混乱期には
全く分かりませんでしたけど。

だから、トライ&エラーを繰り返して、

自分も子どももラクになる「心地いい暮らし」のヒントを

みなさんが見つけたいと思ったら、
私のドアをノックしてください!

両手を広げて、お待ちしていまーす!!

こうこれ以上無理しないで、いいんじゃないでしょうかね。
ぽちっとして下さるとうれしい!
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

ご自分にあった家庭環境の整え方をMaison du Soeilで学んでみませんか?
子育ても、ママ業も、トライ&エラーの繰り返しでいいんです!
今よりも、もっとラクで楽しい、子育てライフのお手伝いを致します♪

個別サービスの詳細はこちら→★

自宅講座の内容はこちら→

Maison du Soleilの講座
※お母さんのためのお片づけ講座
※お母さんのための時間管理講座
※子どもの家庭環境保育

お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください

このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

[PR]
by maisondesoleil | 2015-04-05 23:09 |   ―親子の遊び時間 | Comments(0)

家族みんなでお出かけの意義~共同注視のススメ~

パパがお正月休み最終日の今日、家族で「ベイマックス」を観てきました。

宝塚の家庭環境オーガナイザー 横田ちひろです。

家庭は一番小さな社会です。
家族みんなにとって心地いい空間は、子どもに安心と自信を与えます。

ママも子どもも大切に。

子育てママがラクになる家庭環境づくりを、
遊び・親子のコミュニケーションスキル・空間と時間のオーガナイズ
からサポートします。

うちは毎年夫婦で年始に「一年の目標」を見せ合いっこするのですが、
今年はパパの目標に

一ヵ月に1度は家族みんなでお出かけする」とありました。

この家族みんなで、、というのは親子のコミュニケーションの観点からも、
とても意味のある事なのです。

子どもの発達段階における行動として「共同注視」というものがあります。

共同注視とは=人の視線の方向に気づき、相手と同じものに注意を向ける事。
一般的には、1歳~1歳半位にはこの「共同注視」が形成される準備が整うといわれています。

つまり、この頃から
親子が肩を並べて、同じものを眺めて、同じような事を感じる。と思う事で、
親子の愛情が深まるという訳です。

恋人同士だって、同じ夕日を見て感動したら、愛♡が深まりますよねえ~。
それと同じです。

親子の場合は、同じものを見て笑い合ったり、感動したりする事によって、
親は子どもと感情を共有する事が出来ます。

e0305098_22013501.jpg
それが子どもが「他人の気持ちを理解する」という事に繋がる、一つの要因になります。
向き合って理解する前段階として、共に寄り添って同じところを見る事が大切なのです。

もちろん、別に映画じゃなくていいんですよ。

楽しい遊びだったり、お散歩でキレイなお花を見つけたり、
他にも考えたら色々ありますよね。

週末になるとついつい私は、
「一人でゆっくりしたいから、パパと二人でデートしてきてよ~」と
娘に言ってしまいがちですが、
(それもそれでいいんですよ!もちろん。
一人でのんびりする時間もお母さんには必要だし、
母親抜きのパパとの関係も子どもにとっては大切でしょう。
大事なのはバランスです。バランス。)

でも、やっぱり家族みんなでのお出かけはいいもんです!

そっか、じゃあ家族で出かけよう!と思われた方はぽちっとして下さるとうれしいです!
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

お母さんご自身の手でお家を整えると、家族がHAPPYになります。
家庭環境を整える方法を、ぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?

NEW講座 子どもの家庭環境保育(0歳~6歳バージョン)→★
NEWサービス 子どもの家庭環境保育 個別サービス→★
1月の日程はすべてご予約済となりました。2月以降にご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

Maison du Soleilの講座

※お母さんのためのお片づけ講座
※お母さんのための時間管理講座
※子どもの家庭環境保育

それぞれの詳しい講座内容はこちら→
個別サービスの詳細はこちら→★
お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、
このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。
「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

[PR]
by maisondesoleil | 2015-01-04 22:10 |    ―親の関わり | Comments(0)

子どもの絵を評価にさらさない

こんばんは。今日は一日雨の宝塚です。
さて、昨日は娘の小学校のお祭りで「絵手紙コーナー」のお手伝いに行ってきました。

宝塚の家庭環境オーガナイザー 横田ちひろです。

家庭環境オーガナイザーとは・・・

子どもの年齢や個性にあった遊び・コミュニケーションの仕方
家庭での子どもの環境の整え方を、お母さん自身が学ぶ事によって、
子どもの発達を家庭から促す事をサポートします。

も~。個性いっぱい。素敵な絵がいっぱいでしたよ~。

でも、こういうのって「自由に書いていいよ!」って言うと、
小さい子どもは比較的さらさらと書くのですよね。
昨日も未就学児の子なんて、何も言わなくても
迷いなくガンガン書いていく。

それが小学校3年生位になると、
特に女子は同じグループで来た子は、もじもじと散々迷った末に、
結局みんな、一人の子が書いた絵を、
まねっこして同じように
書く傾向に。

不思議ですが、なんだかわかるような気がします。。
学童期の子どもの発達段階から言えば、それもそれでいいと思います。
e0305098_17295595.jpg
子どもの気質について勉強していると、
子どもの生まれつきの性格によって「描く絵のタイプ」がある。
と書いてあるモノもあります。

大人って、なんだか大胆な色使いの、画用紙いっぱいに何かを描いた、
いわゆる「子どもらしい個性的な絵」
を書いている子をみると、

「うまいねー」「すごいねー」といい、

それに比べて、ミミズのように線が細く、小さな弱い絵を書くわが子に
ダメ出しをしがちですが、

絵も子どもの個性によるもので、それは表現である限り、
大人は「素敵だね」と言ったとしても、
決して「下手」のダメ出しはしてはいけないと思います。
(そう思うと、先生の手本通りに絵を書いて、それを上手下手と判断する事なんて、
なんて無意味な事なのでしょうか・・・)

学校教育の現場では、ある程度仕方ないとしても、

せめて家では
「お母さん〇くん(〇ちゃん)の絵のそーいう所、すきだよ」って
言ってあげたいな。と思っています。


絵について、、考えてみます。と思った方は応援クリックお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村



お母さんご自身の手でお家を整えると、家族がHAPPYになります。
その幸せが、子どもの生きる力になります。
家庭環境を整える方法を、ぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?
一度学んだスキルは一生役に立ちます。


Maison du Soleilの講座

※お母さんのためのお片づけ講座
※お母さんのための時間管理講座
※子どもの家庭環境保育(新一年生準備バージョン)

家庭環境保育に関しては、新メニューを只今準備中です。


それぞれの詳しい講座内容はこちら→


お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、
このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。
「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

[PR]
by maisondesoleil | 2014-11-09 17:30 |   ―親子の遊び時間 | Comments(2)

おもちゃ遊びで親が気をつける事

こんにちは。

宝塚の家庭環境オーガナイザー 横田ちひろです。

家庭環境オーガナイザーとは・・・

子どもの年齢や個性にあった遊び・コミュニケーションの仕方
家庭での子どもの環境の整え方を、お母さん自身が学ぶ事によって、
子どもの発達を家庭から促す事をサポートします。


今日はおもちゃの話をしますね。

例えばこういうおもちゃを、お子さんに与えて、遊ぶ時。

ミッキー社のポストボックスというおもちゃです。
類似品も沢山ありますよね。
e0305098_17214861.jpg
こういうのを見たら、子どもは
「どうやって遊ぶかなーー。どこに何を入れるのかなーーー。」
って、色々触ったり、試しながら、一生懸命自分の頭で考えます。

なので、よくやってしまいがちだとは思うのですが、

「ここここ!!〇の積木はこの〇の形の所に入れたらいいんだよ!」

・・・ってえ、、お母さんが先に言ってしまわないよ~にぃ(苦笑)

とにかく、お子さんに口出しするのを我慢して、
遊ぶのを見守ってあげて下さい。

子どもが困ってそうなら、

なんでかなー。どうしてかなー。
どうやったらいいんだろうねー。こうかな??うーーん。

とか適当にヒントを出しながら、見守ってみて下さい。

子どもは、自分で色々試して、自分で「出来た!!」
と思って初めて、自信がつくのです。
そういう自信が、これから成長していく上で、とても大切になってくるのです。

あと、こういうおもちゃは、子どもって、
おもちゃに関係ないものでも、
何でもかんでも中に入れたがったりしますよねえ。
そういう事をするのがおもしろい時期が、発達の過程であるのです。

それは、目と手を協応させる能力を発達させるために、
その時期の子どもにとって、大切な行為なのです。
e0305098_17470652.jpg
だからそういう時は、お母さんはどうぞ、
ダメダメ!!なんでそんなモノ入れるの!
って言わずに、何でもかんでも入れさせてあげて下さいね。

そう思うと、大人が子どもにおもちゃを与える時は、

子どもの発達段階に合っている

という事が、とても大切になってきます。

・・・でも、みなさんそれが分からないんですよね。
そもそも、子どもの発達段階が分からない。

その時期の子どもにとって、どんな能力を伸ばせばいいか
それには何が必要かが分からない。
私もそうでした。そんな事を体系的に勉強する機会なんてどこにも無かった。
だから、お母さん達は、遊びじゃなくて、ついつい早期教育に走っちゃう。

おもちゃと遊びについては、子どもの環境保育の講座とサービスにも盛り込む予定です。
(11月中にサービス告知予定)
何より私が、子どもが小さいときに「こんな形で知りたかったな」という内容に
しようと、今準備中です。ご興味がある方は待っていてくださいね。

おもちゃについては、ちょくちょくは、このBlogでも、ご紹介していこうと思います!

参考になりました!という方は応援ぽちっとして下さるとうれしいです。
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村



お母さんご自身の手でお家を整えると、家族がHAPPYになります。
その幸せが、子どもの生きる力になります。
家庭環境を整える方法を、ぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?
一度学んだスキルは一生役に立ちます。


Maison du Soleilの講座

※お母さんのためのお片づけ講座
※お母さんのための時間管理講座
※子どもの家庭環境保育(新一年生準備バージョン)

家庭環境保育に関しては、新メニューを只今準備中です。


それぞれの詳しい講座内容はこちら→


お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、
このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。
「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

[PR]
by maisondesoleil | 2014-11-01 17:49 |   ―親子の遊び時間 | Comments(0)

子どもの事が分かる魔法の方法

研修から帰ってきたのも束の間、
今日はお昼から「親の家を片づける」の個別講座を行いました。

これ、Maison du Soleilのメニューにするつもりはありませんが、
親子に関する事には違いありません。とても勉強になっています。

お母さんの手で、お家を整える事は、親子のコミュニケーションに繋がります!
宝塚の家庭環境オーガナイザー 横田ちひろです。

Maison du Soleil 講座・サービス詳細&日程はこちら→


さて、本題です。

私、常々、

子どものありのままを認めましょう!
すべての子どもにはそれぞれの特性があります。
それを観察して見つけましょう!

それがあっての家庭環境作り。
それがあっての親子のコミュニケーションスキルです。

と言っていますが、

具体的にはどうしたらいいの?

と、お困りのお母様、、。

他人の私が、よそのお子さんの特性を判断する時は、
こ難しい判断基準や材料があるのですよ。

でもね、それ、お母様自身はご存じ無くても大丈夫です。

ご自分の子どもの事がよく分かる魔法の方法があります。

それはーーー。

子どもと遊ぶ事です。
e0305098_22532106.jpg
えーーーー。と言わないでください。
それより、お子さんと最近、ちゃんと遊んでいますか

「うちの子、もう親と遊ぶような歳じゃありません!」と
仰る方、、遊ぶったって、砂場でおままごとするだけが子どもとの遊びではありません。

お子さんが大きければ、一緒にボードゲームするとか、
釣りに行ったり、ドライブしたり、サッカー観に行くとか、
女の子だったら、美味しいモノ食べに行ったり、お買い物いったり、
何かを一緒に作る事だって、立派な遊びかと思います。

それに大きくなったら、おしゃべり(親子の会話)が遊びの代わりにも、、。

子どもさんが小さければ、遊びの種類はもっと分かりやすいですよねえ。

特に、おしゃべりがまだうまく出来ないお子さんの場合、
子どもの特性を見分けるためには、
「遊び」がかなり有効だと、私は思います。

そういうと、お母さん達、うーーーんと唸って
恐ろしい顔で子どもと遊ぼうとかしちゃうんですけど、、。

はは、遊びは楽しくってなんぼですよ!!

お母さんも童心に戻って、心から楽しんで、お子さんと遊んでみてください。

子どもとどうやって遊んでいいかわからない、、。
というお母さんは、とにかくご自分が子どもに戻って、
なんかやってみてください。大丈夫~だって昔はみんな子どもだったんですものー。

その時、子どもが遊びに乗ってこなくても全然構いません。

その時は、勝手に自分が子どものそばで、自分なりの遊びでいいので
お母さんが心から楽しんで遊んでみて下さい
遊びにかこつけて、何かを教えようとしてはいけません!
e0305098_23081903.jpg
とは言っても、そんな事今までしてこなかったお母さんは、
最初は、それはそれはツライし、ちっとも面白く無いと思います。

遊ぶったって、多分、最初は10分も子どものそばに座っていられないと思います。

用事もしてはいけないし、途中でコーヒーも飲んではいけません。
立席禁止!!とにかく座って、遊びに集中してみて下さい。

根気強く。出来るだけ毎日。せめて一日10分~15分。

騙されたと思ってやってみて下さい。
すると、何かご自分の中に、そして親子の関係に、変化が起こるはずです。

これが、私が今まで子どもについて色々な角度で勉強しまくり、
実践し続けてきた結果、行きついた極意です。

子どもの側で遊ぶ事を毎日し続けると、必ず子どもについて発見する事が出てきます。

そこに、何らかのヒントがありますよ。

今日はここまで。
なんのこっちゃ?ですけどね。
でも、何か心に引っ掛かった方は、即行動に移してみて下さいね。

私の事ですので、これ、ちゃんと追々、理論的にご説明しますのでご安心を。

この事、文章では伝わらないのは私、十分に分かっています。
子どもの遊びに関しては、これから私、地域に出ていき、
何らかの形で皆さんにお伝えする活動をしていくつもりです。

宝塚の皆様、待ってて下さい~(^^♪

へーー。のぽちっとが励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村


お母さんご自身の手でお家を整えると、家族がHAPPYになります。
その幸せが、子どもの生きる力になります。
家庭環境を整える方法を、ぜひMaison du Soleilで体系的に学んでみませんか?
一度学んだスキルは一生役に立ちます。


Maison du Soleilの講座

※お母さんのためのお片づけ講座

※お母さんのための時間管理講座

※子どもの家庭における環境保育+子どものお片づけ講座
 (新一年生準備バージョン)
  

このバージョンでは、小学校入学に向けて、
その子どもの特徴にあった環境をどう整えていくか、
子どもが自立してお片づけをしたり、自らご用意をするようになるには
どうしたらいいか・・
その方法を中心にお伝えしています。

学習机購入などをご検討の方も、是非受講してみて下さい。



今後、乳幼児バージョンを予定しております。しばらくお待ちください。


それぞれの詳しい講座内容はこちら→


お問い合わせフォーム
(3日以内にご連絡差し上げます。連絡が無い場合は、なんらかのトラブルが考えられますので、このブログのコメント欄で非公開チェックの上、ご連絡ください


このブログ、ご興味のあるお友達にご紹介頂いても構いませ~ん。「宝塚 ちひろ ママ」で検索エンジンのトップに来ます!

[PR]
by maisondesoleil | 2014-10-14 23:17 |   ―親子の遊び時間 | Comments(0)

子どもの工作は見守って・・追記

「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

受講して頂ける講座内容はこちら→

先日書いた「子どもの工作は見守って・・」の記事ですが、、
伝えたかった事がうまく伝わっていないんじゃないか、、とちょっと気になっていました。

大人が工作の手順を見せてあげたり、説明してあげる時に
もう少し追加で気を付けている事がありました、、、。

それは「ヒントを適度に与えながら、子ども自身がどうやったらいいのか・・を考える機会を作る」という事です。
e0305098_18411730.jpg

     明日の入学式のコサージュ、我々親子分。ぎりぎり今日作りました・・・(汗)

「あ~これだと出来ないねえ、、何を使ったらいいと思う?」

子ども「わかんない、、」

「のりだと簡単に剥がれちゃうよね。のりよりもっとくっつくものって何かな?」

子ども「うーーん。テープ?」

「やってみようか?」

子ども「テープでも無理かあ、、、じゃあガムテープならいけるかも!?」

「そうだね!やってみようよ!」

成功~~ってな感じです。
最後は提案する側の立場が子ども→私へと逆転しています。
こうなると、今まで嫌々工作をしていた子ども達の目がみるみるうちに輝きだしたりします。

こう言う事をしないで、ただ「手順を丁寧に説明する」だけでは、
結局は「与えるばかり」で、せっかく子どもが自分で物事を考える機会を
大人が奪ってしまう事にもなりかねません。

こうやって文章に書くと、
それこそ「子どもを工作好きにさせるハウツー」みたいになって、
これまた私の言いたい事がうまく伝わっていない様な気もしますが。

大事なのは、子ども自身の「出来た!」の気持ちなのだと思います。

子育てにおいても「一体何が大切なのか?」という事を常に考える事は、
オーガナイズの考えにもつながっていると私は思っています。

機会を見ながら、ちょっとずつ、こういう話もしていこうかな?と思っています。
[PR]
by maisondesoleil | 2014-04-07 20:29 |   ―親子の遊び時間 | Comments(0)

子どもの工作は見守って・・・

4月7日追記しています→コチラも読んでみてくださいね。
子どもの工作は見守って・・・追記


こんばんは。今朝はすごい雨でしたね。

今日は私がボランティアで参加する予定だった「たからんまつり」
 主催は宝塚市文化団体連絡会、宝塚市文化財団、宝塚ふぁみりぃ劇場 の
「ダンボールであそぼう!」の工作イベントも残念ながら開催予定の公園が水浸しのため中止、、、
パパは屋台で焼き鳥を焼くお手伝いのはずが、突風でテントが立てられず、これまた中止、、、

「ママとコドモの心地いい暮らし」を応援する、宝塚のライフオーガナイザー横田ちひろです。

という訳で、ボランティアではなく、雨でも開催OKだった宝塚文化創造館の中での
「たからんまつり」のイベントに親子で参加してきました~。

娘。真剣です!
e0305098_22383790.jpg

私も絵手紙やらせて頂きました!
絵の具と筆が本物だとすごくいいのが作れるんだ!!
色彩に敏感な子どもには、小さい頃から本物の材料を与えてあげるのって大切かもしれません。
100均の絵の具じゃだめなのね・・・と反省しました。
娘はアクセサリーや、毛糸で作る手芸ぼんぼんなどさせて頂きましたよ~。

それぞれのイベントですが・・・私も同じ講師業、、
教える側の先生方の対応も気になります。。。これまた人それぞれ・・。
そして、子どもに付き添うお母さんの対応も、人それぞれ、、。

さてさて、ここからは私個人の考えですからね。ふーん程度に聞いて下さいね。

子どもの工作についてですが、やはり大前提に
子どもには子どもの価値観」があると思います。
だから、工作を作る場合、大人は何よりも
その価値観を大切に」してあげるように気をつけなければならない思います。

大人から見て「こっちのビーズの配列の方がいいんじゃない?」とか
「この毛糸の配色の方がお洒落じゃない」とか思っても、
それはあなたの考えであって「子どもの考え」ではありません。

工作を作っている過程で「この子にはこの作業、ちょっと難しいかな?」と思う場合でも、
大人がすぐに手を出してしまうのではなくて、まずは子どもの事をよ~く観察して、

●子どもが何に困っているのかを見つける

●それをどうやったら子どもの手で上手く出来るかを、
お母さん自身が考えて、思いついた手順と方法を丁寧に見せてあげて下さい。
(年齢が高い場合は言葉での説明でもOkだと思います。
ポイントはわかりやすく、順序立てて、、
途中で本人がやりたがれば、手伝いながら、させてあげてください。)

こういう事を子どもの小さい頃から、
周りの大人達がちょっと気をつけてあげるだけで

「も~私できない!ママやってよ!」と言う事が少なくなると思います。
(で大人は「うちの子ほんとっに根気が無い!」ってぷんぷん怒りながら、
仕上げをするんですよね(汗)
楽しい工作のはずが、それでは台無しですよね)

それに、こうやって「丁寧に手順を示してあげる」を繰り返してあげていると、
子どもの方も「モノをよく見ること」「どうすれば出来るのかを自分で考える事」の大切さに気付いていって、
どんどん勝手に工作をするようになるような気がします・・・。

時々ボランティアなどで、子どもの工作を見守る機会があるのですが、
最近は、自分でモノを見たり、考える事を全くしないで
「先生!次は何をしたらいいの?」ってやたら聞いてくる子どもが多いのが、とても気になります。

e0305098_23125378.jpg
「ママやってよ!」が既にクセになっている子には、
この二つの手順を丁寧に踏みながら、最初は無理強いせず、
気前よく、楽しそうにママが最後までやってあげて見せて
もいいと思います。

工作一つにしても、大人は決して子どもの自尊心を傷つけてはいけないと思います。

それに、大人から見てぐっちゃぐちゃな作品でも、
子どもは「自分で作る事」に満足する事も。

その小さな小さな「出来た!!見て!」の感覚が、子どもの自信に繋がっていくとも、、、。

中には美意識が強くて、
お手本通りの完璧な作品を求める子もいると思いますが、その場合は
「作り方がとっても難しくて大人でも大変な作業なんだよ。
なのにここまで出来るなんてほんとすごいね・・」
と言ってあげてもいいと思います。

作品が出来た後も、単に「すごいねー。かわいいねー」だけではなくて、
具体的に

「この色の配色がいいね。淡い色と濃い色が混ざっていて
まるでパンジーの花びらみたいなキレイな色だね」

などと言ってあげると、工作一つを作るだけで、色んな世界が広がったり
語彙が増えていったり、何よりも子ども自身が「あっ私はこういう所がすごいんんだ!」と
自己肯定感を強めていくきっかけ
になると思います。

大人も普段から子どもを見て「どこがすごいんかな?」
と考えるクセをつけておくと、わが子でも、よその子でも、面白い側面が沢山発見できますよーー!

e0305098_22381270.jpg

今日は、わたしも所属する宝塚ふぁみりぃ劇場で、
ちょっとだけ子どもの塗り絵のお手伝いをしました。

(スタッフTシャツ着てないから、何の人かよ~わからん。
このブログのプロフィール写真が私らしくない!との指摘をふぁみ劇の人から受けて、写真撮ってもらいました!!
お澄まし顔より、こういうガハハ笑いが私の本当の姿かな。。)


ほんと子どもの世界観ってすばらしいーー。と改めて思った一日でした。
[PR]
by maisondesoleil | 2014-03-31 00:01 |   ―親子の遊び時間 | Comments(0)


家族みんなが「ほっとできるおうちづくり」兵庫 宝塚 子ども部屋片づけ ライフオーガナイザー横田ちひろです。乳幼児~学童期親子の「もっと仲良く。もっと楽。な家庭環境づくり」をサポートします!


by maisondusoleil

プロフィールを見る

メモ帳

ホームページ

お問い合わせもHPよりお気軽に!


わが家の仕組や収納は「暮らしニスタ」に投稿中!!
(2016年秋Como共催:無印良品・ニトリ・イケアの収納コンテスト銀賞)



コノビー専門家ライター



スターペアレンティング


日本ライフオーガナイザー協会

片づけ収納ドットコム

遊び込み

カテゴリ

全体
◆ホームページ
◆子どもの家庭環境保育
~物的環境~
 <遊びの環境>
   ├遊び環境・配置
   ├おもちゃ選び
   ├おもちゃ収納
   ├遊び時間のねん出
   ├遊びのアイデア
   ├絵本環境
   ├遊びの効能
   ├親の関わり
 <自立環境>
   ├声掛け・親の姿勢
   ├身辺自立
    ―子どもの片づけ
    ー着る環境
    ―食べる環境
    ーやることリスト
    ー自立環境の仕組み(収納)
   ├お手伝い
 <学びの環境>
   ├学びと遊び
   ├学習物的環境
   ├学習収納
   ├親のよりそい
   ├おこづかい
 <他>
   ├家庭環境に必要な事
   ├色・インテリア
   ├写真・思い出収納
~心的環境~
 <親子の関わり>
   ├子どもへの心がけ
   ├子どもの自己肯定感
   ├子どもの不安
   ├イヤイヤ期
   ├しつけ
   ├気質と発達段階
   ├いじめ・犯罪
 <親のセルフケア>
   ├子どもへのイライラ
   ├自分自身の整え方
   ├暮らしを楽しむ
   ├ママ友 人付き合い
◆ママの家庭環境づくり
 ├ママの時間オーガナイズ
  -時間管理
  -時短料理
  -時短掃除
 ├ママの空間オーガナイズ
  ーお片づけの考え
  ーモノを減らす・選ぶ
  ーモノの住所を決める
  ーモノの収め方を決める
  ー収納用品を選ぶ
  ーモノを収める
  ーお片づけを維持する
◆もしもの備え 病気災害
◆私の事
 ├娘のこと
 ├つぶやき
 ├家族のこと
◆セミナー案内
◆個別サービス(子ども)
 ├様子・ご感想
◆個別サービス(ママ)
 ├様子 ご感想(ママ)
◆自宅講座のご感想
◆セミナーのご感想
◆その他

最新の記事

アメブロにお引越しのお知らせ
at 2017-02-19 15:38
子どもの自立環境 やるかやら..
at 2017-02-17 23:02
子どもが自分で部屋のインテリ..
at 2017-02-16 18:38
人の「あったかさ」が身に沁みた日
at 2017-02-15 19:31
ママが自分で自分を褒める方法
at 2017-02-14 20:51
毎日の食事づくりのハードルを..
at 2017-02-13 18:07
男の子にも!<子どもが性犯罪..
at 2017-02-12 16:26
久しぶりの夫婦時間と居ないと..
at 2017-02-11 20:43
3、4歳~。反抗的になる時期..
at 2017-02-10 15:58
我が家の3年間の教科書収納の変遷
at 2017-02-09 16:17

記事ランキング

検索

ブログパーツ

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ライフログ


親と子どもの感情BOOK―感情ときちんと向き合う子どもが育つ


子どもとのコミュニケーション・スキル―子どものこころが育つ聴き方・話し方


叩かず甘やかさず子育てする方法


片づけと収納がらくになる仕組みづくり ライフオーガナイズ: もっと心地いい暮らし方


遊びとしつけ―子育てが楽しくなるコツ


遊びとおもちゃ―ディベロップメンタルトイズガイドブック

ブログジャンル

インテリア・収納
子育て

お気に入りブログ

OURHOME
片付けたくなる部屋づくり
丘の上の家
暮らしのはこ ~思考と空...
Flower Ateli...
我が家のお片づけ。菜の花...